債務整理 手続き中 支払い

MENU

借金の解決策は相談しなければ始まらない

あなたに債務整理が本当に必要かを知ろう
今までの人生でなかなか関わる機会がなかったであろう弁護士さん。

抱えきれない借金を持っている今こそ、弁護士さんが心強い味方になってくれます。

「いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?」

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

借金のご相談は何度も無料です。こちらのサイトにも詳しく書いてあります。


あなたにメリットがあるということが分かれば、そこから債務整理を進めればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

都会に住んでいなくても借金の相談可能

大きな弁護士事務所ではありませんが、全く問題ありません。
弁護士の人数や規模は借金返済に関係ありませんから。

少数でも実績の高いベテランの弁護士さんとサポートの事務員さんこそ大事なんです。
事務所は東京の錦糸町駅近くにあるのですが、遠い地方でも予約をしてみてください。

この事務所では対面相談をします。電話相談なんかでは日本中からいろんな相談が来てアップアップになってしまいます。
(大した悩みでもないのに弁護士さんの時間を取られたらあなたが困りますよね?)

会って話をするほど自己破産の心配を抱えている方の救いになるために、出張相談が可能です。

自己破産・個人再生が得意な事務所ですので、あなたにとって最善の解決法を見つけてもらってください。

名村法律事務所

債務整理の手続き期間中の返済について解説します

債務整理を受けた弁護士や司法書士は債権者に対し受任通知を送付します。受け取った債権者はその後請求や催促の電話などを行うことが出来ません。

 

債務整理の流れを大まかに説明します
  1. 弁護士・司法書士に依頼
  2. 受任通知を債権者に送付
  3. 返済方法について裁判所または債権者との交渉
  4. 裁判所の免責許可または債権者の了承
  5. 債務整理の確定
  6. 返済開始

といった流れがあります。個人再生になると1年近い手続きとなる場合もあります。

その間の支払いは何もしなくていいのか

依頼をする法律事務所によって違います。

 

多くのケースとしては、手続き中も支払いを続けるというケースが多いと思います。受任通知を送る前に銀行からお金を引き出しておくなどで手元に現金を残しておいて、そこから支払いを毎月行うといったやり方になると思います。

 

その理由は

  • 整理後の返済金の積立
  • 法律事務所への支払い

を兼ねた支払いになります。

 

債務整理によって返済方法が確定しても積立をしておくことで毎月の支払いにも不安なく返済を続けられるのは大きなメリットでもあります。
また支払いをしない時期を挟むことで、仕事をしなくなったり毎月の収支のバランスが崩れてしまうことで金銭感覚がおかしくなるということがあるためだそうです。

 

お金を家計に入れて使うという収支の流れを止めないことが重要になるようです。債務整理をしても無理な支払いになってしまってはは意味がありませんので、きちんと負担の大きすぎない金額で話し合いをして決定することができます。

 

債務整理についてわかるトップはこちら