債務整理 手続き中 支払い

MENU

弁護士に相談するのが不安

あなたに債務整理が本当に必要か?
そのアドバイスがもらえるシミュレータです。

こういうフォームに入力するだけの簡単な手続きで、弁護士さんに相談が可能に。

いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

あなたにメリットがあるということがわかれば債務整理をすればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

債務整理の相談が無料で出来る法律事務所

もし債務整理をすると毎月の返済がいくらに減額されるのか具体的に計算することが出来ます。

  • 借入状況の入力
  • 連絡用のメールアドレス
  • 電話番号
だけで返済方法などの簡単なアドバイスが入力したメールアドレスに送られてきます。
まずはお気軽に。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

東京ミネルヴァ法律事務所はここから

債務整理の手続き期間中の返済について解説します

債務整理を受けた弁護士や司法書士は債権者に対し受任通知を送付します。受け取った債権者はその後請求や催促の電話などを行うことが出来ません。

 

債務整理の流れを大まかに説明します
  1. 弁護士・司法書士に依頼
  2. 受任通知を債権者に送付
  3. 返済方法について裁判所または債権者との交渉
  4. 裁判所の免責許可または債権者の了承
  5. 債務整理の確定
  6. 返済開始

といった流れがあります。個人再生になると1年近い手続きとなる場合もあります。

その間の支払いは何もしなくていいのか

依頼をする法律事務所によって違います。

 

多くのケースとしては、手続き中も支払いを続けるというケースが多いと思います。受任通知を送る前に銀行からお金を引き出しておくなどで手元に現金を残しておいて、そこから支払いを毎月行うといったやり方になると思います。

 

その理由は

  • 整理後の返済金の積立
  • 法律事務所への支払い

を兼ねた支払いになります。

 

債務整理によって返済方法が確定しても積立をしておくことで毎月の支払いにも不安なく返済を続けられるのは大きなメリットでもあります。
また支払いをしない時期を挟むことで、仕事をしなくなったり毎月の収支のバランスが崩れてしまうことで金銭感覚がおかしくなるということがあるためだそうです。

 

お金を家計に入れて使うという収支の流れを止めないことが重要になるようです。債務整理をしても無理な支払いになってしまってはは意味がありませんので、きちんと負担の大きすぎない金額で話し合いをして決定することができます。

 

債務整理についてわかるトップはこちら