債務整理 口座

MENU

借金の解決策は相談しなければ始まらない

あなたに債務整理が本当に必要かを知ろう
今までの人生でなかなか関わる機会がなかったであろう弁護士さん。

抱えきれない借金を持っている今こそ、弁護士さんが心強い味方になってくれます。

「いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?」

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

借金のご相談は何度も無料です。こちらのサイトにも詳しく書いてあります。


あなたにメリットがあるということが分かれば、そこから債務整理を進めればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

都会に住んでいなくても借金の相談可能

大きな弁護士事務所ではありませんが、全く問題ありません。
弁護士の人数や規模は借金返済に関係ありませんから。

少数でも実績の高いベテランの弁護士さんとサポートの事務員さんこそ大事なんです。
事務所は東京の錦糸町駅近くにあるのですが、遠い地方でも予約をしてみてください。

この事務所では対面相談をします。電話相談なんかでは日本中からいろんな相談が来てアップアップになってしまいます。
(大した悩みでもないのに弁護士さんの時間を取られたらあなたが困りますよね?)

会って話をするほど自己破産の心配を抱えている方の救いになるために、出張相談が可能です。

自己破産・個人再生が得意な事務所ですので、あなたにとって最善の解決法を見つけてもらってください。

名村法律事務所

債務整理と口座の凍結について解説します

債務整理全般で銀行の口座が凍結されるという話があります。

 

この凍結をされる可能性があるのは、

  • 銀行の債務に対して債務整理を行った場合

となります。

 

補足しますと凍結される口座の銀行での借金で債務整理を行う場合、になります。

 

みずほ銀行の借り入れを任意整理する場合、みずほ銀行へ任意整理をする受任通知を送りますが、受け取ったタイミングでまず口座を凍結するということです。

 

この理由というのは、現金を引き出されないため、ということです。

 

ですので任意整理を依頼する前に残金を引き出ししておくことで問題はなくなりますが、もし給与振込口座に指定している場合は、振込が出来ずに会社から問い合わせがあるかもしれません。

 

口座は解約されるわけではなく、一時的に使えなくなるだけですので、債務整理が決定してしまえば再び使えるようになることが多いようです。

 

また新しい銀行で口座開設することも問題ありませんので現金を移しておくのも良いと思います。

 

ただし自己破産となると財産没収のために、裁判所から差し押さえられる可能性もあります。債務の相談の際に弁護士・司法書士に聞いておき事前に現金で持っておくほうがいいのか、また銀行口座によっては気にしなくていいのかなど確認するのが確実です。

 

債務整理の解説についてはこちら