女性 債務整理 配偶者

MENU

弁護士に相談するのが不安

あなたに債務整理が本当に必要か?
そのアドバイスがもらえるシミュレータです。

こういうフォームに入力するだけの簡単な手続きで、弁護士さんに相談が可能に。

いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

あなたにメリットがあるということがわかれば債務整理をすればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

債務整理の相談が無料で出来る法律事務所

もし債務整理をすると毎月の返済がいくらに減額されるのか具体的に計算することが出来ます。

  • 借入状況の入力
  • 連絡用のメールアドレス
  • 電話番号
だけで返済方法などの簡単なアドバイスが入力したメールアドレスに送られてきます。
まずはお気軽に。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

東京ミネルヴァ法律事務所はここから

女性が債務整理をする際、配偶者に知られてしまうのか?

実は女性の債務整理を行う人が増えています。カードローンの使いすぎなどでどうしても行き過ぎていくことはありますよね。

 

しかし返済が滞ってしまうと、メインで仕事をしていない女性にとってはどうしようもない負担となります。主婦であれば尚更家庭のことをしながら仕事量は増やしにくい現状です。

 

ご主人の給料を管理していたとしてもいつかはばれてしまいますので早めの対応が必要となります。

 

そこで債務整理という方法で借金を精算することを考えてみましょう。

 

女性が行う債務整理

女性で債務整理を考える人が増えている為に、弁護士事務所・法律事務所などでも相談対応を女性がしてくれるところが増えています。弁護士でなくても専門知識に優れているので、対処の仕方やこれまで同じような経験をされた方の体験談なども分かります。

 

まずは女性の担当者に相談するところから始めてみてください。

 

まず借金額を元にどんな債務整理を行うか

 

これによってご主人に知られるか知られないかの確率が大きく変わります。

 

任意整理をする場合

 

もし金利分程度をカットするだけでも毎月の分割金が払えるならば任意整理を選びましょう。裁判所も通さずに行うことが出来ます。多重債務でご主人が保証人になっている借金がもしあれば、それを除外した借金だけを整理することが可能です。

 

個人再生・自己破産をする場合

 

家庭内の収入などを把握する必要があります。収入証明などが必要になる場合もありますので、はっきり言うと知られてしまう可能性大です。

 

債務整理をしたことが家族にバレてしまう理由

いずれにせよ、こういう理由によって家族に知られてしまうリスクが高まりますので、ポイントを抑えておいてください。

 

弁護士からの電話が自宅にかかること

 

相談を行う時点で確認されることもありますが、主人に知られたくないため、携帯に連絡をもらうよう伝えましょう。

 

書類などが自宅に届いてしまうこと

 

必ず自分だけが在宅の時間に届く、または局留めなどで対応出来ます。郵送がある時は携帯に連絡をもらうよう伝えておくのも大事です。

 

債務整理後の支払いが滞ってしまうこと

 

債務整理を行うと、自己破産以外はその後も縮小された返済額を継続的に返済する必要があります。家計を握っていたとしても返済が滞れば分割払いが解除され一括請求をされる、といった事態になります。

 

毎月の返済額をしっかり払える額にまで落とすことをしっかり検討されてください。

 

もし更に詳しいことを聞きたい場合は、実際に女性担当者の対応してもらえる法律相談所へ相談してみてください。相談は無料です。

 

債務整理についての説明トップへ