債務整理 クレジットカード 作成

MENU

借金の解決策は相談しなければ始まらない

あなたに債務整理が本当に必要かを知ろう
今までの人生でなかなか関わる機会がなかったであろう弁護士さん。

抱えきれない借金を持っている今こそ、弁護士さんが心強い味方になってくれます。

「いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?」

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

借金のご相談は何度も無料です。こちらのサイトにも詳しく書いてあります。


あなたにメリットがあるということが分かれば、そこから債務整理を進めればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

都会に住んでいなくても借金の相談可能

大きな弁護士事務所ではありませんが、全く問題ありません。
弁護士の人数や規模は借金返済に関係ありませんから。

少数でも実績の高いベテランの弁護士さんとサポートの事務員さんこそ大事なんです。
事務所は東京の錦糸町駅近くにあるのですが、遠い地方でも予約をしてみてください。

この事務所では対面相談をします。電話相談なんかでは日本中からいろんな相談が来てアップアップになってしまいます。
(大した悩みでもないのに弁護士さんの時間を取られたらあなたが困りますよね?)

会って話をするほど自己破産の心配を抱えている方の救いになるために、出張相談が可能です。

自己破産・個人再生が得意な事務所ですので、あなたにとって最善の解決法を見つけてもらってください。

名村法律事務所

債務整理後にカードをどうしても作りたい場合を解説します

債務整理をすることでその後5〜10年は審査に通ることが難しいと言われています。中には5年経っていなくても審査に通ってしまうケースもあるようです。

 

基本的に官報に載ったり信用情報(ブラックリスト)に掲載されるために審査には通るのは難しいでしょう。

 

ですが最近はネットショッピングなども安く購入できるものが多く、カード払いしか対応していないケースもあります。

 

そんな場合にはデビットカードというのであれば、クレジットカード代わりに使用することができます。このデビットカードはJCBやVISAといった国際ブランドのものである場合が多いので、クレジット加盟店で使うことが出来ます。

 

クレジットカードとの違いは、利用後に登録した口座から引き落としが即時行われます。ですので審査としては債務整理をして信用情報に載っていても契約できるケースが多いということです。

 

デビットカードのデメリットは、分割払いやリボ払いなどが原則出来ないことです。分割払いで返済できないことにより債務整理をすることになったので、基本分割払いは難しいと考えます。

 

ですがデビットカードを持つことで買い物の幅も増えますし、節約できるケースも多いので作成して置くと便利です。ただし条件によってはデビットカードでも作れないことがありますのでご注意ください。

 

その他債務整理についての情報はこちらから