任意整理 受任通知

MENU

借金の解決策は相談しなければ始まらない

あなたに債務整理が本当に必要かを知ろう
今までの人生でなかなか関わる機会がなかったであろう弁護士さん。

抱えきれない借金を持っている今こそ、弁護士さんが心強い味方になってくれます。

「いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?」

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

借金のご相談は何度も無料です。こちらのサイトにも詳しく書いてあります。


あなたにメリットがあるということが分かれば、そこから債務整理を進めればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

都会に住んでいなくても借金の相談可能

大きな弁護士事務所ではありませんが、全く問題ありません。
弁護士の人数や規模は借金返済に関係ありませんから。

少数でも実績の高いベテランの弁護士さんとサポートの事務員さんこそ大事なんです。
事務所は東京の錦糸町駅近くにあるのですが、遠い地方でも予約をしてみてください。

この事務所では対面相談をします。電話相談なんかでは日本中からいろんな相談が来てアップアップになってしまいます。
(大した悩みでもないのに弁護士さんの時間を取られたらあなたが困りますよね?)

会って話をするほど自己破産の心配を抱えている方の救いになるために、出張相談が可能です。

自己破産・個人再生が得意な事務所ですので、あなたにとって最善の解決法を見つけてもらってください。

名村法律事務所

任意整理の受任通知後について解説します

任意整理を依頼すると速やかに債権者に向けて受任通知が発送されます。この通知を受けて初めて任意整理がされることを債権者側が知ることになります。

 

受け取った側はその後請求を止める必要があり、債務者に連絡をしてはいけません。

 

ところが実際に請求書が届いたり引き落としを行われることもあります。これは引き落としなどの処理に時間がかかるためです。企業によっては引き落としなどを外注化しているところもありますので、引き落としの処理完了までの時間は2ヶ月程度かかる場合もあるようです。

 

任意整理の場合は、債権者を選ぶ必要がありますので、

対象とする任意整理先を弁護士や司法書士に伝える
必要があります。任意整理しないところに対しては受任通知を送らないようにする必要があります。

 

任意整理を行う債務者は早めに伝えて、引き落としの停止手続きを早めに行ってもらうと良いと思います。

 

また実際に最短でも引き落としが停止されるまではタイムラグがありますので、

引き落としされる額を口座に入れておかない
ようにするのがベストです。引き落とされてからでは返金はされないと思ったほうがいいでしょう。

 

また口座へお金を残さないことをすると、任意整理しない引き落としまで止まってしまいます。これを避けるためには任意整理しない引き落としについては電話などで別途振込用紙で振り込むなどの連絡をしておくとスムーズです。

 

面倒でなければ、引き落としされる日にちに合わせて入金をしておくというのも良いかもしれません。

 

くれぐれも任意整理する分の引き落としをされないようにしたほうがメリットは大きいです。

 

任意整理のお役立ち情報はこちらから

関連ページ

任意整理をした方からリアルな体験談をヒアリングしました
任意整理をする際にかかる費用はどれくらいなのか?を解説します
任意整理後に借り入れは絶対にできないのか、簡潔に解説します
任意整理をすると住宅ローンの審査に通らないのか?解説します
任意整理ができないケースの対処法
任意整理するとクレジットカードは使えなくなる?
任意整理は銀行のカードローンも可能なんでしょうか
任意整理をすると信用情報に載ってしまうのか
任意整理によるデメリットはどんなことがあるのか
任意整理を銀行で行うことは出来るのか
クレジットカードで買い物した支払いを任意整理したい
任意整理を依頼する弁護士の良い選び方とは
任意整理をすることで後悔しないか
任意整理をするとどれくらい借金を減らせるのか
任意整理後クレジットカードは更新できるのか
任意整理中にローンを一本化できるのか
任意整理中の過払い請求はできるのか
任意整理のメリットについて
任意整理をしたいが今の職種は関係あるのか
任意整理できないケースとは
任意整理は2回行うことができるか
任意整理で申告漏れがあった場合はどうなる?
任意整理で減額される金額
任意整理中に車のローンは組めるのか
任意整理にかかる金額の詳細について
任意整理の時効援助について
任意整理後に弁護士が辞任した場合は
任意整理の場合強制力はあるのか