任意整理 減額

MENU

借金の解決策は相談しなければ始まらない

あなたに債務整理が本当に必要かを知ろう
今までの人生でなかなか関わる機会がなかったであろう弁護士さん。

抱えきれない借金を持っている今こそ、弁護士さんが心強い味方になってくれます。

「いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?」

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

借金のご相談は何度も無料です。こちらのサイトにも詳しく書いてあります。


あなたにメリットがあるということが分かれば、そこから債務整理を進めればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

都会に住んでいなくても借金の相談可能

大きな弁護士事務所ではありませんが、全く問題ありません。
弁護士の人数や規模は借金返済に関係ありませんから。

少数でも実績の高いベテランの弁護士さんとサポートの事務員さんこそ大事なんです。
事務所は東京の錦糸町駅近くにあるのですが、遠い地方でも予約をしてみてください。

この事務所では対面相談をします。電話相談なんかでは日本中からいろんな相談が来てアップアップになってしまいます。
(大した悩みでもないのに弁護士さんの時間を取られたらあなたが困りますよね?)

会って話をするほど自己破産の心配を抱えている方の救いになるために、出張相談が可能です。

自己破産・個人再生が得意な事務所ですので、あなたにとって最善の解決法を見つけてもらってください。

名村法律事務所

任意整理で減額される金額について解説します

任意整理をすることで3割程度の減額が出来るのですが、2010年6月より返済を行っていた場合、より大きなメリットを感じられる可能性が高いです。

 

過払い金が発生していると元本から過払い金の額を引くことが出来るということです。

 

具体的には

改正された貸金業法(かしきんぎょうほう)が完全施行されてからの金利計算

によります。

 

2010年6月18日に完全施行される前までは

上限が29.2%で計算していた貸金業者がほとんどという状態でした。(グレーゾーン金利といいます)

 

これは出資法の金利と同じパーセンテージです。

 

その後利息制限法(りそくせいげんほう)により借金の利息上限を超えるものを利息として計算してはいけないという法律によって、過去の利息上限を超えるものを過払い請求として取り戻すことが出来るようになっています。

 

新しい利息制限法では制限利息上限として15〜20%が所定の金利

となっています。

具体的には以下のとおりです。

元本が10万円以下

年20%

元本が10〜100万円未満

年18%

元本が100万円以上

年15%

 

これを元に過去をさかのぼって再計算されますので、思っていた以上に元金を減らすことが出来てしまいます。中には過払い金請求で完済してしまうケースもあり、この場合は債務整理をしても信用情報に載ることはありません。

 

計算は厳密に行う必要がありますので、可能性としてどれくらい発生するのかを相談してみてはどうでしょうか。

 

相談は無料ですが、手続きを行うときのコストを抑えるために行政書士に依頼する方が多いです。

 

任意整理の減額計算にはこちらもご参考ください

関連ページ

任意整理をした方からリアルな体験談をヒアリングしました
任意整理をする際にかかる費用はどれくらいなのか?を解説します
任意整理後に借り入れは絶対にできないのか、簡潔に解説します
任意整理をすると住宅ローンの審査に通らないのか?解説します
任意整理ができないケースの対処法
任意整理するとクレジットカードは使えなくなる?
任意整理は銀行のカードローンも可能なんでしょうか
任意整理をすると信用情報に載ってしまうのか
任意整理によるデメリットはどんなことがあるのか
任意整理を銀行で行うことは出来るのか
クレジットカードで買い物した支払いを任意整理したい
任意整理を依頼する弁護士の良い選び方とは
任意整理をすることで後悔しないか
任意整理をするとどれくらい借金を減らせるのか
任意整理後クレジットカードは更新できるのか
任意整理中にローンを一本化できるのか
任意整理中の過払い請求はできるのか
任意整理のメリットについて
任意整理をしたいが今の職種は関係あるのか
任意整理できないケースとは
任意整理は2回行うことができるか
任意整理で申告漏れがあった場合はどうなる?
任意整理中に車のローンは組めるのか
任意整理にかかる金額の詳細について
任意整理の時効援助について
任意整理後に弁護士が辞任した場合は
任意整理の受任通知を送った後の引き落としについて
任意整理の場合強制力はあるのか