民事再生 倒産

MENU

弁護士に相談するのが不安

あなたに債務整理が本当に必要か?
そのアドバイスがもらえるシミュレータです。

こういうフォームに入力するだけの簡単な手続きで、弁護士さんに相談が可能に。

いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

あなたにメリットがあるということがわかれば債務整理をすればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

債務整理の相談が無料で出来る法律事務所

もし債務整理をすると毎月の返済がいくらに減額されるのか具体的に計算することが出来ます。

  • 借入状況の入力
  • 連絡用のメールアドレス
  • 電話番号
だけで返済方法などの簡単なアドバイスが入力したメールアドレスに送られてきます。
まずはお気軽に。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

東京ミネルヴァ法律事務所はここから

倒産しなくていい方法について解説します

債務整理を使うことが出来るのは個人だけではありません。法人や個人事業主など会社を経営していても会社単位での債務整理が可能です。

 

会社を自己破産してしまうと実質経営破綻となります。もし会社の社長や取締役など代表を勤めていたとした場合、会社が自己破産しても代表個人には関係ありません。

 

逆に代表個人が債務整理をしたとしても会社が抱えている債務は消えません。つまり会社と代表個人の債務は別です。もし会社の経営で見通しが立たなくなり、倒産の可能性があってもやり直せるチャンスは大いにあります。

 

その方法は民事再生法です。

 

民事再生法で事業再生をすることで、債務をカットすることが出来ますし、代表などの経営者を変更する必要もありません。既に経営破綻していてカットしても返済できなければ破産となります。

 

債務を大幅に減らすことで経営が継続できる可能性があるうちに民事再生のため動くことが重要です。

 

民事再生法を利用する条件は

  • 事業展開している中で黒字事業があること
  • 会社独自の技術を持っていること

 

通常は会社を経営する上でこの条件に当てはまらなければ、再生後も経営を継続するための見通しが立たない可能性が高いということです。事業再生にあたっては、再建計画をたてる必要がありますので、今後の会社の経営についても見なおす必要が出てきます。

 

現時点で少しでも危機を感じていれば早めに民事再生を使える可能性があるのか、またメリットが大きいかなど相談を進めてみてはどうでしょうか。

 

まずは無料相談が出来る弁護士へ相談してみられると、倒産を回避する大きな自信につながるかもしれません。

 

倒産しなくていい方法について相談できる法律事務所はここの下部より

関連ページ

民事再生をすることで株式にどういう影響があるのか解説します
民事再生法と会社更生法は何が違うのか?を簡潔に解説します
個人再生にかかる費用はどれくらいなのか?を簡潔に説明します
個人再生を司法書士と弁護士に依頼する場合の違いを解説します
個人再生の手続きを行う方法について解説します
個人再生のデメリットとはどういうものがあるのか解説します
個人再生で不認可になってしまうのはなぜでしょう
個人再生すると住宅ローンの借り換えは出来なくなるのか
小規模個人再生の手続きについて書いています
個人再生の不同意となるケースとは
個人再生の前に任意整理といった切り替えは可能なのか
個人再生後の住宅ローンが通るまでの期間
個人再生の認可決定から確定までの期間
個人再生申立ての際は同居人の収支も関係するのか
社内融資を受けている場合個人再生で会社に知られるのか
個人再生にかかる予納金について
連帯債務者が個人再生をした場合住宅ローンはどうなる
個人再生したことを家族に秘密にできるのか
個人再生後に返済支払いができなくなったら
住宅ローン以外の借金が返済困難な場合
個人再生と民事再生の違いとは
個人再生が出来る弁護士の評判とは