個人再生 手続き

MENU

借金の解決策は相談しなければ始まらない

あなたに債務整理が本当に必要かを知ろう
今までの人生でなかなか関わる機会がなかったであろう弁護士さん。

抱えきれない借金を持っている今こそ、弁護士さんが心強い味方になってくれます。

「いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?」

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

借金のご相談は何度も無料です。こちらのサイトにも詳しく書いてあります。


あなたにメリットがあるということが分かれば、そこから債務整理を進めればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

都会に住んでいなくても借金の相談可能

大きな弁護士事務所ではありませんが、全く問題ありません。
弁護士の人数や規模は借金返済に関係ありませんから。

少数でも実績の高いベテランの弁護士さんとサポートの事務員さんこそ大事なんです。
事務所は東京の錦糸町駅近くにあるのですが、遠い地方でも予約をしてみてください。

この事務所では対面相談をします。電話相談なんかでは日本中からいろんな相談が来てアップアップになってしまいます。
(大した悩みでもないのに弁護士さんの時間を取られたらあなたが困りますよね?)

会って話をするほど自己破産の心配を抱えている方の救いになるために、出張相談が可能です。

自己破産・個人再生が得意な事務所ですので、あなたにとって最善の解決法を見つけてもらってください。

名村法律事務所

個人再生手続きは自分でできるのか?弁護士に依頼するとどういう手続が必要なのか?

個人再生というのは民事再生法に属します。

 

民事再生法には以下の2種類があります。

  • 小規模個人再生
  • 個人事業主などに多い再生法です。

     

  • 給与所得者等再生
  • サラリーマンに多い再生法です。

いずれも債務額が3000万円以下でなければ対象となりません。

 

個人再生手続きを弁護士や司法書士へ依頼するメリット

手続きとしては自分で申立を行うことも出来ますが30万程度の費用がかかります
司法書士または弁護士へ依頼することが一般的です。というのも自分で手続を行う場合にかかる費用の中には、個人再生委員に支払う報酬が必要となります。
この報酬額が25万円程度なのですが、司法書士や弁護士に委託した場合、個人再生委員へ支払う報酬が10万程度減額されます。その分弁護士などへの報酬が増えますがスムーズに手続きが行えます。

 

弁護士による個人再生手続きの流れ

  1. 債権者に返済を一時的に停止
  2. 元本を確定
  3. 再生計画案を裁判所に提出
  4. 裁判所による再生計画案の許可決定
  5. 認可が確定
  6. 約一ヶ月後より返済を開始

という流れになります。

 

個人再生手続きに必要となる書類

手続きに必要な書類はこのようなものがあります。参考です。

  • 再生手続開始申立書(給与所得者等再生)
  • 申述書(給与所得者等再生)
  • 通知書(債権者申立の通知)
  • 債権者一覧表
  • 債権者一覧表の記載要領
  • 清算価値算出シート
  • 可処分所得額算出シート
  • 可処分所得額算出シート記載要領
  • 決定書(開始決定書)
  • 個人再生手続進行表
  • 通知書(開始決定の通知)
  • 決定書(開始決定及び手続移行決定)
  • 再生債権届出書(個人再生)
  • 再生債権届出書(個人再生)を提出する方のために(説明書)
  • 届出再生債権一覧表

などこれらは日本弁護士連合会の公式サイトでも見れますし、ダウンロードしてWordなどで編集が可能です。およそ26ページに及びますがあまり難しい内容ではありません。

 

個人再生手続きの見本

再生手続書
再生手続書記入例