個人再生 司法書士 弁護士

MENU

弁護士に相談するのが不安

あなたに債務整理が本当に必要か?
そのアドバイスがもらえるシミュレータです。

こういうフォームに入力するだけの簡単な手続きで、弁護士さんに相談が可能に。

いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

あなたにメリットがあるということがわかれば債務整理をすればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

債務整理の相談が無料で出来る法律事務所

もし債務整理をすると毎月の返済がいくらに減額されるのか具体的に計算することが出来ます。

  • 借入状況の入力
  • 連絡用のメールアドレス
  • 電話番号
だけで返済方法などの簡単なアドバイスが入力したメールアドレスに送られてきます。
まずはお気軽に。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

東京ミネルヴァ法律事務所はここから

個人再生の手続を司法書士または弁護士に頼む場合の比較

個人再生手続きを依頼する際、司法書士と弁護士では費用が違います。弁護士に依頼する場合の費用が大きい理由は内容が違うことにあります。その内容をまとめてみました。

司法書士と弁護士の違いとは

司法書士の役割

手続きに必要な書類を代行して作成してくれることです。
つまり手続き自体は個人再生申し立てをする本人が行うという前提です。

弁護士の役割

すべての手続きを本人の代行として行ってくれます。

 

この代行してくれる範囲の違いが費用の違いと思っていいでしょう。
ですが司法書士は書類作成のみしかしてくれないのか、というとそうではなく裁判所に出向いて書類を届け出てくれたりしますし、免責の確定が出るまでのサポートはちゃんと対応してくれるところが多いです。
事前にこの対応してくれる内容をきちんと説明してもらうと安心だと思います。
債務額が大きくない場合は上記のように、事実上はどちらも十分にサポートしてくれるのですが、法人であったり個人事業の規模が大きくなると手続きの内容が増えることになります。そういう際には弁護士に頼むほうがメリットは大きくなります。

 

個人再生を弁護士に依頼する場合のメリット

具体的には債務総額140万円以下であるかどうかで違います。
債務総額が140万円を超える場合の弁護士のメリットは

  • 債権者との交渉権を持っている
  • 訴訟の代理権がある(代行してくれる)

という点が大きく変わります。

 

個人再生の債務総額が140万円を超えるかどうかが、司法書士にするか弁護士にするかの大きなポイントになると思います。

 

債務整理の相談はサイトトップから