個人再生 司法書士 弁護士

MENU

借金の解決策は相談しなければ始まらない

あなたに債務整理が本当に必要かを知ろう
今までの人生でなかなか関わる機会がなかったであろう弁護士さん。

抱えきれない借金を持っている今こそ、弁護士さんが心強い味方になってくれます。

「いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?」

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

借金のご相談は何度も無料です。こちらのサイトにも詳しく書いてあります。


あなたにメリットがあるということが分かれば、そこから債務整理を進めればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

都会に住んでいなくても借金の相談可能

大きな弁護士事務所ではありませんが、全く問題ありません。
弁護士の人数や規模は借金返済に関係ありませんから。

少数でも実績の高いベテランの弁護士さんとサポートの事務員さんこそ大事なんです。
事務所は東京の錦糸町駅近くにあるのですが、遠い地方でも予約をしてみてください。

この事務所では対面相談をします。電話相談なんかでは日本中からいろんな相談が来てアップアップになってしまいます。
(大した悩みでもないのに弁護士さんの時間を取られたらあなたが困りますよね?)

会って話をするほど自己破産の心配を抱えている方の救いになるために、出張相談が可能です。

自己破産・個人再生が得意な事務所ですので、あなたにとって最善の解決法を見つけてもらってください。

名村法律事務所

個人再生の手続を司法書士または弁護士に頼む場合の比較

個人再生手続きを依頼する際、司法書士と弁護士では費用が違います。弁護士に依頼する場合の費用が大きい理由は内容が違うことにあります。その内容をまとめてみました。

司法書士と弁護士の違いとは

司法書士の役割

手続きに必要な書類を代行して作成してくれることです。
つまり手続き自体は個人再生申し立てをする本人が行うという前提です。

弁護士の役割

すべての手続きを本人の代行として行ってくれます。

 

この代行してくれる範囲の違いが費用の違いと思っていいでしょう。
ですが司法書士は書類作成のみしかしてくれないのか、というとそうではなく裁判所に出向いて書類を届け出てくれたりしますし、免責の確定が出るまでのサポートはちゃんと対応してくれるところが多いです。
事前にこの対応してくれる内容をきちんと説明してもらうと安心だと思います。
債務額が大きくない場合は上記のように、事実上はどちらも十分にサポートしてくれるのですが、法人であったり個人事業の規模が大きくなると手続きの内容が増えることになります。そういう際には弁護士に頼むほうがメリットは大きくなります。

 

個人再生を弁護士に依頼する場合のメリット

具体的には債務総額140万円以下であるかどうかで違います。
債務総額が140万円を超える場合の弁護士のメリットは

  • 債権者との交渉権を持っている
  • 訴訟の代理権がある(代行してくれる)

という点が大きく変わります。

 

個人再生の債務総額が140万円を超えるかどうかが、司法書士にするか弁護士にするかの大きなポイントになると思います。

 

債務整理の相談はサイトトップから