連帯債務 個人再生 住宅ローン

MENU

弁護士に相談するのが不安

あなたに債務整理が本当に必要か?
そのアドバイスがもらえるシミュレータです。

こういうフォームに入力するだけの簡単な手続きで、弁護士さんに相談が可能に。

いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

あなたにメリットがあるということがわかれば債務整理をすればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

債務整理の相談が無料で出来る法律事務所

もし債務整理をすると毎月の返済がいくらに減額されるのか具体的に計算することが出来ます。

  • 借入状況の入力
  • 連絡用のメールアドレス
  • 電話番号
だけで返済方法などの簡単なアドバイスが入力したメールアドレスに送られてきます。
まずはお気軽に。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

東京ミネルヴァ法律事務所はここから

連帯保証人の場合個人再生をされた場合の住宅ローンについて解説します

もし連帯保証人である場合、債権者が個人再生を行うとします。そうなると想像通り連帯保証人が弁済しなければなりません。ただし連帯保証債権というものがあります。

 

連帯保証債権とは、債務者が返済などで不履行をした場合、債権者として後の弁済した後に債務者に対して求償権(きゅうしょうけん)というのがあります。

 

再生計画としては手続き開始の際の評価額に修正し権利が変更されるわけです。

 

この連帯保証人による連帯保証債権については一般の物同士で行わず、かならず弁護士などに依頼をして証人を立てる方が良いと思います。

 

弁護士を探すことになることも踏まえて、早めに連帯責務社の個人再生手続きをされる前に相談するなど準備をしておくと良いと思います。

 

連帯責務者に関する相談についてはこちらもご覧ください。