個人再生 住宅ローン 期間

MENU

弁護士に相談するのが不安

あなたに債務整理が本当に必要か?
そのアドバイスがもらえるシミュレータです。

こういうフォームに入力するだけの簡単な手続きで、弁護士さんに相談が可能に。

いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

あなたにメリットがあるということがわかれば債務整理をすればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

債務整理の相談が無料で出来る法律事務所

もし債務整理をすると毎月の返済がいくらに減額されるのか具体的に計算することが出来ます。

  • 借入状況の入力
  • 連絡用のメールアドレス
  • 電話番号
だけで返済方法などの簡単なアドバイスが入力したメールアドレスに送られてきます。
まずはお気軽に。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

東京ミネルヴァ法律事務所はここから

個人再生を行った後住宅ローンが組めるまでの期間を解説します

住宅ローンを申請すると信用情報を見られ審査されます。信用情報は銀行系・クレジット系などに分かれています。

 

詳しくはこちらに書いてあります。

 

信用情報機関について

 

住宅ローンを申し込む場合、一般的には10年は期間を空けないと難しいと言われています。それは住宅ローンの審査では官報を見る為です。

 

また個人再生で免責をした金融機関が銀行であれば、その銀行で新しくローンを組むのはほぼ無理だと考えて良いと思います。カードローンで免責許可を受けたのであればそのカードローンの姉妹会社である銀行なども無理と考えて良いと思います。
個人再生や自己破産など免責許可を受けた日というのは官報情報を確認することで正確な日時が分かります。
全国銀行個人信用情報センターというところに記載されている官報広告区分発生日という項目の内容をご確認ください。

 

住宅ローンは10年は無理だと言われていますが、現在の収入状況と不動産ローンの申込金額が少ない場合など、要は支払いについて問題なさそうなケースであれば前向きに検討し、審査を進めてくれる銀行もあります。

 

審査に通る可能性が高いのはのは10年ほど待つことですが、急ぐのであれば住宅メーカーの金融担当の方や申し込みを地銀や信用金庫まで申し込みをしてみたり相談に行ってみることで可能性が見えてくると思います。

 

個人再生の情報トップへ

関連ページ

民事再生をすることで株式にどういう影響があるのか解説します
民事再生法と会社更生法は何が違うのか?を簡潔に解説します
個人再生にかかる費用はどれくらいなのか?を簡潔に説明します
個人再生を司法書士と弁護士に依頼する場合の違いを解説します
個人再生の手続きを行う方法について解説します
個人再生のデメリットとはどういうものがあるのか解説します
個人再生で不認可になってしまうのはなぜでしょう
個人再生すると住宅ローンの借り換えは出来なくなるのか
小規模個人再生の手続きについて書いています
個人再生の不同意となるケースとは
個人再生の前に任意整理といった切り替えは可能なのか
個人再生の認可決定から確定までの期間
個人再生申立ての際は同居人の収支も関係するのか
社内融資を受けている場合個人再生で会社に知られるのか
個人再生にかかる予納金について
連帯債務者が個人再生をした場合住宅ローンはどうなる
個人再生したことを家族に秘密にできるのか
個人再生後に返済支払いができなくなったら
住宅ローン以外の借金が返済困難な場合
個人再生と民事再生の違いとは
倒産しなくていい方法がありますか?
個人再生が出来る弁護士の評判とは