個人再生後 返済不能

MENU

借金の解決策は相談しなければ始まらない

あなたに債務整理が本当に必要かを知ろう
今までの人生でなかなか関わる機会がなかったであろう弁護士さん。

抱えきれない借金を持っている今こそ、弁護士さんが心強い味方になってくれます。

「いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?」

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

借金のご相談は何度も無料です。こちらのサイトにも詳しく書いてあります。


あなたにメリットがあるということが分かれば、そこから債務整理を進めればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

都会に住んでいなくても借金の相談可能

大きな弁護士事務所ではありませんが、全く問題ありません。
弁護士の人数や規模は借金返済に関係ありませんから。

少数でも実績の高いベテランの弁護士さんとサポートの事務員さんこそ大事なんです。
事務所は東京の錦糸町駅近くにあるのですが、遠い地方でも予約をしてみてください。

この事務所では対面相談をします。電話相談なんかでは日本中からいろんな相談が来てアップアップになってしまいます。
(大した悩みでもないのに弁護士さんの時間を取られたらあなたが困りますよね?)

会って話をするほど自己破産の心配を抱えている方の救いになるために、出張相談が可能です。

自己破産・個人再生が得意な事務所ですので、あなたにとって最善の解決法を見つけてもらってください。

名村法律事務所

個人再生したのに返済ができなくなった場合を解説します

返済額というのは1/5程度に減額されますが3年(または5年)での返済になります。ところが諸事情によって返済が出来なくなる可能性があります。

 

個人再生は取り決められた返済を続けられなくなるとせっかくの債務整理が取り消しになってしまいます。つまり1/5に減額された額が再計算され整理前の債務額に近い金額を返済しなければなりません。

 

となると状況から返済は無理となり自己破産せざるを得ない状況になるということです。自宅を手放したくない為に個人再生をしても3年の支払いで踏ん張る必要があります。

 

ですので債務整理前にはしっかりした返済計画を立てる必要があります。借金が積もり悩んでいる状況ではありますが、弁護士や司法書士が進めたから、と簡単に個人再生をするのではなく支払いが問題なく出来るかとか仕事の状況なども見通しを検討してから個人再生にするかどうかを検討する必要があります。

 

ですので依頼する際には依頼する先を見極めることが重要になります。約束した期日を守らなかったり、連絡が簡単に取れないといった弁護士はあまりオススメできません。債務整理が完了すればこちらも報酬を払う契約である以上はしっかりした人を選んでください。

 

第一段階の相談する前には債務状況と収入状況を把握しておき、その上でCMなどでも有名な法律相談所、また評判の高い相談所、法テラスなどで同じ相談をして比較してみると回答の仕方が違うと思います。

 

弁護士や司法書士を選ぶポイント

  • 相談がしやすい
  • 回答がしっかりしている
  • 状況説明やより良い方法を提案してくれる

など頼れる先生を見つけることが一番大事かもしれません。

 

個人再生でも評判のいい人気の相談所が探せます