個人再生 同居人

MENU

借金の解決策は相談しなければ始まらない

あなたに債務整理が本当に必要かを知ろう
今までの人生でなかなか関わる機会がなかったであろう弁護士さん。

抱えきれない借金を持っている今こそ、弁護士さんが心強い味方になってくれます。

「いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?」

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

借金のご相談は何度も無料です。こちらのサイトにも詳しく書いてあります。


あなたにメリットがあるということが分かれば、そこから債務整理を進めればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

都会に住んでいなくても借金の相談可能

大きな弁護士事務所ではありませんが、全く問題ありません。
弁護士の人数や規模は借金返済に関係ありませんから。

少数でも実績の高いベテランの弁護士さんとサポートの事務員さんこそ大事なんです。
事務所は東京の錦糸町駅近くにあるのですが、遠い地方でも予約をしてみてください。

この事務所では対面相談をします。電話相談なんかでは日本中からいろんな相談が来てアップアップになってしまいます。
(大した悩みでもないのに弁護士さんの時間を取られたらあなたが困りますよね?)

会って話をするほど自己破産の心配を抱えている方の救いになるために、出張相談が可能です。

自己破産・個人再生が得意な事務所ですので、あなたにとって最善の解決法を見つけてもらってください。

名村法律事務所

個人再生の際同居人がいる場合の注意点を解説します

個人再生申立てには家計を掲載した家計表を作成する必要があります。

 

もし生活の為の家賃や光熱費などを同居人も払っている場合は、その割合などを記載することになります。割合的に同居人の収入による負担が大きい場合、同居人の給与明細など収入証明が必要となることがあります。

 

個人再生が適用されるのは申立て本人に対してのものですので、本人と同居人の生活を支える金銭的負担をはっきりさせる必要があります。ですので許可が出るか不許可となるかの判断材料になります。

 

賃貸アパートなどに住んでいる場合でも、大家に知られることなく個人再生は可能ですが、官報に記載される為にもし調べられれば分かってしまうことはあります。基本家賃さえ納めていれば大家に迷惑をかけることもないですし、同居人への影響も基本的にはありません。

 

もし個人再生せざるを得ない場合、同居人との金銭的負担の割合で不認可となった場合に自分が支払いを出来ないと同居人に迷惑をかける可能性が高いですので、事前に話をしておく事ができればベストです。

 

もし複雑な事情がある場合は、専門家へ聞くことが一番です。

 

個人再生の情報はこちら