個人再生 同居人

MENU

弁護士に相談するのが不安

あなたに債務整理が本当に必要か?
そのアドバイスがもらえるシミュレータです。

こういうフォームに入力するだけの簡単な手続きで、弁護士さんに相談が可能に。

いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

あなたにメリットがあるということがわかれば債務整理をすればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

債務整理の相談が無料で出来る法律事務所

もし債務整理をすると毎月の返済がいくらに減額されるのか具体的に計算することが出来ます。

  • 借入状況の入力
  • 連絡用のメールアドレス
  • 電話番号
だけで返済方法などの簡単なアドバイスが入力したメールアドレスに送られてきます。
まずはお気軽に。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

東京ミネルヴァ法律事務所はここから

個人再生の際同居人がいる場合の注意点を解説します

個人再生申立てには家計を掲載した家計表を作成する必要があります。

 

もし生活の為の家賃や光熱費などを同居人も払っている場合は、その割合などを記載することになります。割合的に同居人の収入による負担が大きい場合、同居人の給与明細など収入証明が必要となることがあります。

 

個人再生が適用されるのは申立て本人に対してのものですので、本人と同居人の生活を支える金銭的負担をはっきりさせる必要があります。ですので許可が出るか不許可となるかの判断材料になります。

 

賃貸アパートなどに住んでいる場合でも、大家に知られることなく個人再生は可能ですが、官報に記載される為にもし調べられれば分かってしまうことはあります。基本家賃さえ納めていれば大家に迷惑をかけることもないですし、同居人への影響も基本的にはありません。

 

もし個人再生せざるを得ない場合、同居人との金銭的負担の割合で不認可となった場合に自分が支払いを出来ないと同居人に迷惑をかける可能性が高いですので、事前に話をしておく事ができればベストです。

 

もし複雑な事情がある場合は、専門家へ聞くことが一番です。

 

個人再生の情報はこちら