過払い金 グレーゾーン

MENU

弁護士に相談するのが不安

あなたに債務整理が本当に必要か?
そのアドバイスがもらえるシミュレータです。

こういうフォームに入力するだけの簡単な手続きで、弁護士さんに相談が可能に。

いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

あなたにメリットがあるということがわかれば債務整理をすればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

債務整理の相談が無料で出来る法律事務所

もし債務整理をすると毎月の返済がいくらに減額されるのか具体的に計算することが出来ます。

  • 借入状況の入力
  • 連絡用のメールアドレス
  • 電話番号
だけで返済方法などの簡単なアドバイスが入力したメールアドレスに送られてきます。
まずはお気軽に。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

東京ミネルヴァ法律事務所はここから

過払い金請求のグレーゾーンについて解説します

過払い金が発生しているかどうかを知るには、グレーゾーン金利について知る必要があります。

 

グレーゾーンと呼ばれているのは

利息制限法に基いています。

金利が20〜29.2%で支払った返済があればグレーゾーンに該当します。

 

現在の法律では

  • 利息の上限が最高で20%(元金によって変わります)
  • 過去でも29.2%を超えるものはない

はずです。

 

29.2%の上限というのは出資法の年利です。

 

2010年6月以前
利息制限法によって20%を超えてはいけない(無効である)という決まりがありましたが、実際に罰則があるのは29.2%を超える場合だったために、無効であるが罰則はないという理由でグレーと知りながら貸付を行っていました。

 

無効であるが

賃金業法の中に一定の厳格な要件を満たした場合は有効とする
という規定をみなし弁済規定といいます。
これを利用して上限を守らなかったのをグレーゾーンとしてその後みなし弁済規定を廃止したことにより、過払い金として返還請求できるようになりました。

 

もし当時の金利などが分かる資料があれば、過払い金請求できますし、無くても取り寄せできる可能性があります。

 

既に返済が済んでいても完済から10年間は請求が可能です。

 

債務整理のサイトトップヘ戻る