自己破産 財産

MENU

弁護士に相談するのが不安

あなたに債務整理が本当に必要か?
そのアドバイスがもらえるシミュレータです。

こういうフォームに入力するだけの簡単な手続きで、弁護士さんに相談が可能に。

いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

あなたにメリットがあるということがわかれば債務整理をすればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

債務整理の相談が無料で出来る法律事務所

もし債務整理をすると毎月の返済がいくらに減額されるのか具体的に計算することが出来ます。

  • 借入状況の入力
  • 連絡用のメールアドレス
  • 電話番号
だけで返済方法などの簡単なアドバイスが入力したメールアドレスに送られてきます。
まずはお気軽に。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

東京ミネルヴァ法律事務所はここから

自己破産で財産はどうなるのかを解説します

自己破産をすると20万円以上の財産はすべて債権者に配当されます。配当というのは財産を現金に変えられます。財産を売って現金化することを換価といいます。

 

自己破産は裁判所では事件として処理されます。

裁判所では処理する仕事についてすべて事件と言うため

 

大きく分けると3つの事件に分けられます。

  • 同時廃止事件(同時廃止型)
  • 管財事件(管財型)
  • 少額管財事件(制度)

これらの事件は裁判所によって破産管財人を選人されます。管財人は財産を管理し換価、配当を行います。

 

各財産の換価について

財産には自分名義のものが対象となり生命保険や退職金なども対象となります。

車の換価

自動車ローンを組んでいる場合はローン会社などが名義になっていることが多いため、財産とはならず名義人のところへ渡ります。

生命保険の換価

解約した場合の返戻金を計算されます。また解約を強制されずに弁済で済む場合もあります。

退職金の換価

退職するのは先となることがほとんどなので、裁判所の指示により退職金の一部を積み立てします。

 

同時廃止事件の精算

同時廃止事件は財産の総額が20万以下の場合で、破産開始決定と同時に行われます。最短で免責許可が下りる方法となります。

管財事件の精算

管財事件は処分する財産が多い場合です。不動産などを持っている場合は管財事件になります。財産を処分するために期間が長期となりますので、予納金も高くなります。

 

その為、予納金を減らすことが出来るのが少額管財事件となります。東京地裁以外では扱っていないケースがありますのでご確認ください。また弁護士を代理人にする必要があります。

 

相談や弁護士依頼は自己破産トップより

関連ページ

自己破産の手続きによって家族がどうなるのか?を解説します
自己破産をする際の破産手続の仕方
自己破産から復権を得るまでの期間や手続きについて
自己破産で車は手放さなければならないのか
自己破産すると住宅も処分されてしまうのか
自己破産する場合の弁護士費用はどれくらいかかるのか
自己破産によって保証人に返済がいってしまうことについて
老後破産しなくても良いケースがあります
パチンコによる自己破産は可能なのか
自己破産後のローン審査に通らない
自己破産をすると友人知人から借りたお金も対象なのか
自己破産をしたくない場合の対策
自己破産後のクレジットカードを家族カードで作れるか
奨学金返済が原因で自己破産が増えている
自己破産の手続きはどの裁判所にすればいいのか
自己破産をすると生命保険を解約しないといけないのか
自己破産後に使える金融機関とは
破産宣告すると楽になるのか
老後破産の現実について
自己破産にかかる期間はどれくらい
ギャンブルによる自己破産は可能?
自己破産後の海外旅行について
自己破産をしても手元に残せる財産とは
女性でも自己破産は出来ますか
自己破産のメリットについて
仕事で必要な車は自己破産でどうなる?
同居人が自己破産をする場合
自己破産手続きは郵送でも出来るのか
事業資金を返済できずに自己破産をするなら
自己破産に詳しい弁護士の探し方
自己破産が東京都で行われるケースの事例
自己破産をしても現金プールは出来るのか?