自己破産 事業資金

MENU

借金の解決策は相談しなければ始まらない

あなたに債務整理が本当に必要かを知ろう
今までの人生でなかなか関わる機会がなかったであろう弁護士さん。

抱えきれない借金を持っている今こそ、弁護士さんが心強い味方になってくれます。

「いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?」

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

借金のご相談は何度も無料です。こちらのサイトにも詳しく書いてあります。


あなたにメリットがあるということが分かれば、そこから債務整理を進めればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

都会に住んでいなくても借金の相談可能

大きな弁護士事務所ではありませんが、全く問題ありません。
弁護士の人数や規模は借金返済に関係ありませんから。

少数でも実績の高いベテランの弁護士さんとサポートの事務員さんこそ大事なんです。
事務所は東京の錦糸町駅近くにあるのですが、遠い地方でも予約をしてみてください。

この事務所では対面相談をします。電話相談なんかでは日本中からいろんな相談が来てアップアップになってしまいます。
(大した悩みでもないのに弁護士さんの時間を取られたらあなたが困りますよね?)

会って話をするほど自己破産の心配を抱えている方の救いになるために、出張相談が可能です。

自己破産・個人再生が得意な事務所ですので、あなたにとって最善の解決法を見つけてもらってください。

名村法律事務所

事業資金を借り入れしてからの自己破産について解説します

事業資金として借り入れをしたにも関わらず返済できなくなった場合の債務整理ですが、債務の額によって民事再生や自己破産などを選択することになります。

 

民事再生にしても返済が難しいと判断すれば自己破産となってしまいますが、それでも債務整理には大きなメリットがあります。

 

事業を行っている時の破産となれば管財人の調査が入ります。管財事件としての扱いになります。同時廃止には出来ません。

 

管財事件になるとこういうデメリットがあります

  • 調査に時間がかかります
  • 一年を超えるというケースもあります
  • 期間が長ければ予納金も高額になります
  • 50万を超えるということもあります

 

この管財事件を回避するためには商材管財として手続きをすることがメリットが大きいです。

少額管財のメリットとは

  • 免責許可が出るまでの期間が短い
  • 管財費用(予納金など)が安い

となります。ただし少額管財事件の場合、弁護士に依頼することが条件となります。

 

少額管財は今一般的になっていますのんで、個人から会社法人の自己破産の場合でも少額管財となることが多いです。

 

この少額管財は裁判所によっては出来ないところもある可能性があります。費用に大きく関わるところになりますので事前に担当の弁護士に聞いてみられてはどうでしょうか。東京地裁では可能です。

 

自己破産のメリット・デメリットはこちらから

関連ページ

自己破産の手続きによって家族がどうなるのか?を解説します
自己破産をする際の破産手続の仕方
自己破産から復権を得るまでの期間や手続きについて
自己破産で車は手放さなければならないのか
自己破産すると住宅も処分されてしまうのか
自己破産する場合の弁護士費用はどれくらいかかるのか
自己破産によって保証人に返済がいってしまうことについて
老後破産しなくても良いケースがあります
パチンコによる自己破産は可能なのか
自己破産後のローン審査に通らない
自己破産をすると友人知人から借りたお金も対象なのか
自己破産をしたくない場合の対策
自己破産後のクレジットカードを家族カードで作れるか
奨学金返済が原因で自己破産が増えている
自己破産の手続きはどの裁判所にすればいいのか
自己破産をすると生命保険を解約しないといけないのか
自己破産後に使える金融機関とは
破産宣告すると楽になるのか
老後破産の現実について
自己破産にかかる期間はどれくらい
ギャンブルによる自己破産は可能?
自己破産後の海外旅行について
自己破産による財産について
自己破産をしても手元に残せる財産とは
女性でも自己破産は出来ますか
自己破産のメリットについて
仕事で必要な車は自己破産でどうなる?
同居人が自己破産をする場合
自己破産手続きは郵送でも出来るのか
自己破産に詳しい弁護士の探し方
自己破産が東京都で行われるケースの事例
自己破産をしても現金プールは出来るのか?