自己破産 破産手続

MENU

弁護士に相談するのが不安

あなたに債務整理が本当に必要か?
そのアドバイスがもらえるシミュレータです。

こういうフォームに入力するだけの簡単な手続きで、弁護士さんに相談が可能に。

いきなり弁護士と!?無料と言いながら高額な相談料や債務整理をさせられるんじゃないの?

と不安になるかも知れませんが、大丈夫です。

あなたにメリットがあるということがわかれば債務整理をすればいいですし、デメリットならば債務整理以外の方法を提案してくれる優良な弁護士さんがたくさんいます。

債務整理の相談が無料で出来る法律事務所

もし債務整理をすると毎月の返済がいくらに減額されるのか具体的に計算することが出来ます。

  • 借入状況の入力
  • 連絡用のメールアドレス
  • 電話番号
だけで返済方法などの簡単なアドバイスが入力したメールアドレスに送られてきます。
まずはお気軽に。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

東京ミネルヴァ法律事務所はここから

自己破産申し立てをする場合の破産手続の仕方や流れについて解説します

自己破産を成立させるには裁判所の免責許可を得る必要があります。免責とは借金の責任から免れるという意味です。
自己破産の申し立てをしただけでは借金は消えません。裁判所に「返済能力が不可能である」と認められることが第一ですが、実はこれだけでも自己破産の意味がありません。更に「免責許可」という借金を帳消しにする許可を得られることでようやく帳消しになるのです。

 

自己破産申立ての方法

    裁判所へ不備がない書類を提出

    もし書類内容に不備があれば再提出などを求められます。自己破産の認可をするための判断材料になりますのでしっかりした内容が求められます。

 

自己破産の書類が受理後
  • 1ヶ月から2ヶ月で裁判所で審問

そこでは審問裁判官等から内容の確認などを行います。
過去の資産や収入や生活などでの費用のことや返済不能となった状況の説明などを確認されます。
また反省態度なども見られると思っていたほうがいいようです。
※破産法が新しくなった為、現在はこの審問をしない場合も多いようです。

 

破産手続の開始及び免責許可

1ヶ月から2ヶ月後、審問がある場合その数日後に免責許可の決定または否決となります。

 

およそ3ヶ月程度で終わるケースが多いようですが、審査などに時間がかかればもう少しかかります。

 

これらの手続きについては弁護士に依頼することで、書類の作成はもちろん、一部の地方裁判所では自己破産申立を行った即日に審問を受けられる場合があります。すると上記のような時間もかからず圧倒的に早く免責許可の決定がなされます。
自己破産の相談は直接弁護士に直接行えます。(相談は無料です)

 

 

弁護士・司法書士に依頼する場合はサイトトップより

関連ページ

自己破産の手続きによって家族がどうなるのか?を解説します
自己破産から復権を得るまでの期間や手続きについて
自己破産で車は手放さなければならないのか
自己破産すると住宅も処分されてしまうのか
自己破産する場合の弁護士費用はどれくらいかかるのか
自己破産によって保証人に返済がいってしまうことについて
老後破産しなくても良いケースがあります
パチンコによる自己破産は可能なのか
自己破産後のローン審査に通らない
自己破産をすると友人知人から借りたお金も対象なのか
自己破産をしたくない場合の対策
自己破産後のクレジットカードを家族カードで作れるか
奨学金返済が原因で自己破産が増えている
自己破産の手続きはどの裁判所にすればいいのか
自己破産をすると生命保険を解約しないといけないのか
自己破産後に使える金融機関とは
破産宣告すると楽になるのか
老後破産の現実について
自己破産にかかる期間はどれくらい
ギャンブルによる自己破産は可能?
自己破産後の海外旅行について
自己破産による財産について
自己破産をしても手元に残せる財産とは
女性でも自己破産は出来ますか
自己破産のメリットについて
仕事で必要な車は自己破産でどうなる?
同居人が自己破産をする場合
自己破産手続きは郵送でも出来るのか
事業資金を返済できずに自己破産をするなら
自己破産に詳しい弁護士の探し方
自己破産が東京都で行われるケースの事例
自己破産をしても現金プールは出来るのか?