任意整理 メリット デメリット

MENU

弁護士に相談するのが不安



匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

債務整理があなたに必要か?のアドバイスがもらえるシミュレータ
こういうフォームに入力するだけの簡単なシミュレータです
pc-form

債務整理の相談が無料で出来る法律事務所

債務整理をすると毎月の返済がいくらに減額されるのか具体的に計算してみませんか?

  • 借入状況の入力
  • 連絡用のメールアドレス
  • 電話番号
だけで返済方法などの簡単なアドバイスが入力したメールアドレスに送られてきます。
まずはお気軽に。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

街角法律相談所のシミュレーター(無料)

分かりやすい任意整理

任意整理は裁判所を通すこと無く手続きを行うことが可能です。
貸金業者と話し合いや交渉を行い最終的には和解を目指します。
借金の元本や利息の金額を減額してもらうことで返済額を減らすことができます。

 

任意整理の相談におすすめ

任意整理はメリットの判断が難しいのでまずはこちらの法律事務所へお気軽に相談してみてください。経験豊富な弁護士が無料相談に対応してくれます。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

>>> 街角法律相談所

 

メールでも電話でも相談は完全無料です。

 

任意整理のメリット

  • 任意整理手続き後の金利がなくなる
  • 現在抱えている借金の総額及び毎月の返済額を減らすことができる
  • 裁判所を通さないので官報に記載されない
  • 複数抱えている借金のうち一部に特定して任意整理を行うことが出来る
  • 取り立てなどがあれば弁護士に依頼することですぐに取り立てが止められる
  • 返済できなくなったのがギャンブルや豪遊によるものでも手続きが可能

任意整理のデメリット

  • ブラックリストに記載される(されないケースもあります)
  • 任意整理手続き後5年程度はクレジットカードを作ることや借入が出来ない
  • 任意整理の和解案に応じないケースがある

 

ブラックリストとは

信用情報機関というところがあり、そこのリストに名前などの情報をを掲載されます。
この信用情報は貸金業者(かしきんぎょうしゃ)が閲覧することがほとんどなので
ブラックリストに乗ったからといって一般の方にも知られることはありません。

 


任意整理のメリットとデメリット記事一覧

35歳サラリーマンの話です。仕事もしているんですが普段遊ぶお金を増やそうとFXに手を出しました。半年くらいは少ないお金で遊んでいたんですけど、だんだんつぎ込むお金が大きくなってしまいました。。。FXって口座に入れておくお金が多いほどたくさんのリターンが得られるんですが、減るのも同じく早いので負けていた5万円ほどのお金を取り戻すために50万円を借りてFX口座に入れました。うまくいけば利息分なんか簡単...

任意整理を知る上で現実的かどうか、費用が気になります。法律事務所などによって違いますが参考で言いますと着手金として一社あたり4万円前後減額報酬金(*1)として利益額の10%前後くらいが相場として多いようです。着手金は交渉で安くなるケースもありますし、キャンペーンをやっている事務所もあります。また満足できなかった場合は申告すれば着手金を全額返済してくれるところや他の債務整理も利用することで優遇を受け...

結論から言えば、すぐには難しいといえます。任意整理をするとブラックリストというものに名前が記載されるためです。ブラックリストというのは信用情報機関のことです。事故登録情報とも呼ばれたりします。この信用情報機関は大きく3つに分かれます。銀行系のKSC信販会社系のCIC消費者金融系のJICCです。借り入れをしようと申請をした際は、これらの信用情報機関に名前がないか確認されます。それが審査の主な内容とも...

任意整理をすることでブラックリストに名前などの情報が記載されます。信用情報が記載される、とも言われます。それにより少額の借り入れだったりクレジットカードを作ることが出来なくなります。ですが5年ほど経つとブラックリストの名前も消えクレジットカードなどの審査も通るようになるケースが多いのですが、住宅ローンについては審査の仕方がクレジットカードなどの審査とは違うようです。クレジットカードを作ることが出来...

任意整理は不可能の場合があります。そもそも任意整理とは裁判所を通さず債権者と交渉をすることが主となります。ですので任意整理の交渉を債権者に行い、同意してこそ成立するということです。多くの場合は債権者の同意を得ることが出来るのですが、中には債権者の方で任意整理などを持ちかけられても同意しない、と決めているところもあります。交渉する相手が弁護士や司法書士では同意しない、というようなルールを決めている債...

任意整理に関わらずブラックリスト(信用情報)に名前が乗ることでクレジットカードが作ることが出来なくなります。正しく言えばブラックリストや官報などに載っている期間は最低限作れない可能性が高い、ということです。ですが既に持っていたカードはどうなるのでしょうか?これについては基本的にすぐに使えなくなる可能性はあまり無いようです。使えなくなるケースといえば、カード更新時などにカード会社がブラックリストを確...

銀行の借り入れというのは利息が安いのがメリットです。ですが額が大きいと利息もばかになりません。もし銀行で借りたカードローンを返せない場合には任意整理が可能かどうかについてです。まず任意整理は債権者との相談・交渉があります。その為銀行のような組織が相手であれば融通を聞いてもらうのは厳しいということは間違いないでしょう。銀行の場合は保証会社が必ず付いていますので、もし返済が滞った場合は保証会社であるカ...

任意整理の場合でも信用情報(ブラックリスト)に登録されてしまいます。任意整理も債務整理の一つですので、信用情報機関に掲載されてしまいます。信用情報機関とは信用情報というのは種類があります。CIC(株式会社シー・アイ・シー)クレジットカード・信販系JICC(株式会社日本信用情報機構)消費者金融系全銀協(全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター)銀行系が主な個人信用情報機関と言われています。これらの...

債務整理の中でも裁判所を通す必要がありません。今一度任意整理のデメリットをまとめています。ブラックリストへ記載される5〜7年程度クレジットカード作成・使用または借り入れができない債権者が交渉を断ればそこで終わる保証人へ支払い請求が行われるといったことです。これは債務整理全般に言えることですので、事前に保証人への理解を得ることも大事になります。迷惑がかかる度合いを考えると、突然保証人への支払い請求が...

銀行でローンを組んだ場合の任意整理というのも当然額が大きければ考えられることです。実際は銀行からのローンが返せないなどの理由で任意整理をすることは可能です。ただこの銀行での債務整理はいろんな事が言われています。つまり状況によってしないほうが良い場合もあるし、あまりメリットにならない場合もあります。銀行は金利が低く設定してある為、任意整理で利息分を免除してもらってもあまりメリットがないということです...

任意整理の場合は任意整理が可能です。もし自己破産の場合であれば、クレジットカードでの買い物の内容によります。自己破産の免責許可はギャンブルや豪遊による浪費では裁判所が許可を出しません。ですが任意整理や民事再生などは理由による許可の有無などはなく、基本的に任意整理というのは債権者との交渉によって返済方法を見なおしてもらうことになります。その為交渉が下手な任意整理代行(弁護士・司法書士)を使うと金利を...

任意整理は裁判所を通す必要がなく本人でも実質任意整理をすることは出来るのですが、多くの人は弁護士や司法書士に代理を依頼します。というのも債権者と交渉を行う必要があるからです。弁護士は司法書士よりも幅広い権限を持っていますが、任意整理に大事なことはしっかりと負担を少なく返済出来るプランで債権者と交渉できるかが重要になります。なので弁護士だからと安心出来ないのです。また任意整理というのは自分の借金状況...

任意整理などを検討の方が気になる情報の一つに「任意整理をすることで後悔しないか」というのがあると思います。実際に任意整理をした方で5年以上経った方の話を聞いてみるととても参考になる回答が聞けました。任意整理した方の体験談借金してまで買わないといけないものはないのであまり支障はない大型の家電などを買う際にカードが使えないので大変5年以上経ってもクレジットカード審査に通らないもし任意整理をしていなかっ...

任意整理で減らせるのは利息分となります。したがって債務期間が長く、金額が大きいほど返済額を減らせます。ざっくりと計算をすれば最大で3割程度は減らせる可能性があります。この計算については利息制限法という法律に則り計算することが可能です。ちなみに消費者金融では5年以上返済し続けていると過払い金が発生している可能性があります。こちらも合わせるとさらに元本が減るために返済額がより大きくなります。ただし任意...

任意整理をした場合新規でカードをつくろうと思っても一定期間審査が通らないことはお分かりだと思います。では既に持っているクレジットカードはというとそのまま使えてしまうケースが多いようです。というのも信用情報を見られるというのは審査の時くらいです。なので実質気づかれない、ということがほとんどでしょう。ただカード会社の規約によっては連絡しないといけないようなことが記載してあるかもしれません。気になる方は...

任意整理となるとローンの元本は消えることはありません。ローン会社複数社に渡る場合は選択したところだけ任意整理することも可能です。任意整理をしてしまうと信用情報に記載されますので、新たなローンは組むことが出来なくなります。つまり金利が無くなったからそちらにまとめようと思ってももちろん出来ません。ローンの組み換え(組み直し)というのは新たな金利で計算する必要があるので、新しいローンを組むのと同じ扱いに...

任意整理をしている最中に過払い請求をしたい、という考えもあるかもしれませんが、それは実質意味がありません。過払い金請求とは元本まで完済している案件に対して払いすぎていた利息(過払い分)を請求できるものです。任意整理とは払ってきた分の利息も過払いがないか見直すと同時に利息をカット出来るので、過払い金請求以上のメリットがあるということになります。利息の再計算のことを引き直し計算などと言われたりもします...

任意整理のメリットをいま一度分かりやすくまとめてみました。債務整理を考える人の経済状況、債務状況などは様々です。ある人にはメリットと感じなくても他の人にはとても大きなメリットになります。知っておきたい任意整理で得られる大きなメリット官報に記載されない裁判所を通さずに整理するため精神的にも楽ですし比較的短い期間で任意整理が決定します。信用情報(ブラックリスト)への掲載期間が比較的短い一般的には5〜1...

任意整理をする場合は職種は関係ありません。また返済できなくなった理由などもギャンブルであろうと関係ありません。個人再生となると元本の減額の条件として、継続的に収入を得られる仕事に付いていることなど条件が必要となりますが、任意整理の場合は基本的に大きく影響はありません。例えばキャバクラやホストなどのナイトワークをしている人なども問題なく任意整理することが出来ますが、そもそも任意整理というのは債権者と...

自己破産や個人再生の場合は裁判所を通す必要がありますが、任意整理は債権者との交渉という形で債務整理を行います。免責されるのは原則として利息分のみのカットという交渉ならば多くの債権者は任意整理が成立出来るケースが多いです。ただ債権者または任意整理を代行する弁護士・司法書士に断られるケースもあります。債権者に任意整理を断られるケース返済期間が短期間である返済が始まって間もない債務者本人が交渉に行く場合...

一回しかやってはいけないという制限は特にありません。といっても一度任意整理を行うと次に再び借り入れが可能となるのは前回の任意整理での元金返済が完了してから5〜7年と言われていますのでそこから借金が膨らむということになります。多くの人がそのペナルティと取れるデメリットで借金をすることを怖がってしまうのですが、任意整理は元金を返す事ができたという自信に誤解してしまうことも考えられます。しかも前回任意整...

多重債務で債権者が多い場合でも毎月返済を行っていると思いますので忘れるということは考えにくくはあるのですが、ボーナス払いであったりうっかりで忘れることも無いとは言い切れません。基本的に相談する時点ですべての債務状況を伝えることになっていますので、よほど故意でない場合は任意整理を行った司法書士も特に言われないかと思いますが、やはり何度も行うべき手続きではありませんので、一番効果の高い債務整理を行えな...

任意整理をすることで3割程度の減額が出来るのですが、2010年6月より返済を行っていた場合、より大きなメリットを感じられる可能性が高いです。過払い金が発生していると元本から過払い金の額を引くことが出来るということです。具体的には改正された貸金業法(かしきんぎょうほう)が完全施行されてからの金利計算によります。2010年6月18日に完全施行される前までは上限が29.2%で計算していた貸金業者がほとん...

自動車が一番の交通手段である人にとって車がないことはかなり苦境を強いられるケースもあります。しかし任意整理をするとブラックリストに載るために車のローンを申し込んでも審査に通りません。つまりローンを組んでの車の購入はできないということになります。その場合に取る手段としては、現金で安い車を購入するまたは身内にローンを組んでもらうといった選択肢しかありません。債務整理は裁判所の扱いとしては事故という扱い...

任意整理は債務整理の中でも比較的安い費用でできます。債務整理の依頼にかかる費用については現在自由化されていますので、よく確認されてみてください。中でもケースとして多い一例として必要となる金額の項目をピックアップしています。任意整理に必要な詳細着手金報酬金が発生します。中には報酬が不要という法律事務所もありますので、その場合は一件につき着手金が税抜き4万円のみ(参考)などと決まっているので安心です。...

債権(借金)には種類があります。民事債権商事債権など債権者の何の会社であるか、また個人であるかなどによって変わってきます。もっと細かく分けるとローン債権家賃債権クレジット債権退職金債権土地債権と分けることが出来ます。この債権の種類によって時効が変わります。任意整理に多い消費者金融(サラリーローン)の場合は商事債権となり時効は5年となっています。時効までの期間は最後に返済をした日から数えますつまり消...

任意整理の依頼をすると返済方法は弁護士に毎月支払いを行い、弁護士が代行して債権者に返済するケースなどがあります。任意整理が成立すると弁護士への報酬と債権者への返済の両方の支払いが重なってしまうケースがあるためです。その場合は弁護士の方で返済先を一元管理してもらえば、返済先は一箇所だけで済むというメリットがあります。弁護士側としても債権者への返済のみで弁護士報酬を払えないという自体にならずに済むメリ...

任意整理を依頼すると速やかに債権者に向けて受任通知が発送されます。この通知を受けて初めて任意整理がされることを債権者側が知ることになります。受け取った側はその後請求を止める必要があり、債務者に連絡をしてはいけません。ところが実際に請求書が届いたり引き落としを行われることもあります。これは引き落としなどの処理に時間がかかるためです。企業によっては引き落としなどを外注化しているところもありますので、引...

自己破産など裁判所を通しての債務整理となると受任通知を受け取った後は給与の差し押さえなど強制力を実行することは法律で禁止されています。ところが任意整理となると裁判所を通さないために法的な強制執行を禁止できません。つまり可能性としては給与や担保など差し押さえをされることは考えられます。ですが実際のところ任意整理は債権者との交渉によって借金の元本だけは払い続けるという約束を結ぶつまり和解しているという...