個人再生 メリット デメリット

MENU

弁護士に相談するのが不安



匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

債務整理があなたに必要か?のアドバイスがもらえるシミュレータ
こういうフォームに入力するだけの簡単なシミュレータです
pc-form

債務整理の相談が無料で出来る法律事務所

債務整理をすると毎月の返済がいくらに減額されるのか具体的に計算してみませんか?

  • 借入状況の入力
  • 連絡用のメールアドレス
  • 電話番号
だけで返済方法などの簡単なアドバイスが入力したメールアドレスに送られてきます。
まずはお気軽に。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

街角法律相談所のシミュレーター(無料)

分かりやすい個人再生

個人再生は民事再生と似た債務整理です。
個人再生とは将来安定した収入が見込まれる方が条件付きで返済額の4/5(5分の4)を免除出来る手続きです。

 

安定した職に就いている方や比較的若い方にはこの個人再生は多いと思われます。

個人再生の相談をするのにおすすめ

無料相談はWebによる問い合わせが簡単で依頼しやすいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

街角法律相談所

 

個人再生のメリット

  • 借金が1/5(5分の1)程度になります。
  • 住宅や財産を手放す必要がない
  • 家族が保証人の場合を除き、家族に影響はない

 

個人再生のデメリット

  • 住宅ローンは非対象
  • ブラックリストに記載される
  • 官報に名前などの情報が掲載される(一般の方は閲覧しません)
  • 安定して返済を出来る証明が必要となる

 

個人再生の減額を受ける条件とは

個人再生を受けると返済額の1/5程度の支払いになりますが、返済期間は3年で終える必要があります。
特別な都合があり認められた場合には5年まで延長することも可能です。

 


個人再生のメリット・デメリット記事一覧

民事再生法をしたといっても厳密に言うと倒産ではありません。ですので株は0円になることはないのです。ですが上場廃止になってしまうことで売ることができなくなってしまいます。一気に株式は売りが殺到することになりますので大幅に値打ちがなくなります。ですが持っておいてもなにもならないので、早めに手放すことがいいようです。直近では航空会社のスカイマークが民事再生法を適用しましたので、興味の高い話題になっていま...

大きな違いはこちらです。会社更生法の場合法人のみが対象となる債権者は会社を競売にかけられない経営側の役員などが権限を失い辞めなければならない時間があまりかからないここが民事再生法との大きな違いになります。民事再生法の場合法人だけでなく個人の場合でも民事再生法の対象となります。しかも経営陣は辞める必要がないことから、経営陣の判断としては会社更生法よりも民事再生法を選びその結果スポンサーや債権者に不満...

個人再生をするためには裁判所での手続きが必要となります。多くの場合弁護士や司法書士に依頼する事が多いので、その際に必要な費用を事前に知っておくと安心です。個人再生の依頼に関する費用司法書士に依頼の場合 18〜35万円弁護士に依頼の場合 25〜50万円こちらは一般的な参考金額だと思ってください。司法書士に依頼する場合と弁護士に依頼する場合の金額の違いは、代行してもらう対象範囲が違うという理由がありま...

個人再生手続きを依頼する際、司法書士と弁護士では費用が違います。弁護士に依頼する場合の費用が大きい理由は内容が違うことにあります。その内容をまとめてみました。司法書士と弁護士の違いとは司法書士の役割手続きに必要な書類を代行して作成してくれることです。つまり手続き自体は個人再生申し立てをする本人が行うという前提です。弁護士の役割すべての手続きを本人の代行として行ってくれます。この代行してくれる範囲の...

個人再生というのは民事再生法に属します。民事再生法には以下の2種類があります。小規模個人再生個人事業主などに多い再生法です。給与所得者等再生サラリーマンに多い再生法です。いずれも債務額が3000万円以下でなければ対象となりません。個人再生手続きを弁護士や司法書士へ依頼するメリット手続きとしては自分で申立を行うことも出来ますが30万程度の費用がかかります。司法書士または弁護士へ依頼することが一般的で...

個人再生の場合比較的自己破産などに比べると選択する割合が多いことから、デメリットは少ないのですがこのようなデメリットがあります。個人再生手続きのデメリット5年程度ブラックリスト(信用情報)に記載されてしまう。手続きに時間がかかる(半年程度の覚悟が必要)手続きの費用が高い(自分で行う場合・弁護士司法書士に依頼する場合ともに)難しさからすると個人再生のデメリットとして大きいと考えられます。しかしその分...

個人再生の申立てを行った場合、すべて認可されるわけではありません。不認可となる場合の事由はいくつかあります。個人再生計画に不備がある個人再生計画の中に規律に反するものがある個人再生の申立て者が今後安定して支払う見込みがない場合債権者の過半数が反対する場合などが一例としてあげられます。ただでさえ個人再生の手続は工程が多く、時間もかかってしまうものです。認可を得るためには弁護士・司法書士に依頼をし迅速...

個人再生とは自己破産と違い住宅を手放す必要はありません。ですので住宅ローン以外の返済が軽減されたとしても住宅ローンの返済額には変わりないということになります。ですが住宅ローンの場合、長期返済をする方が多く借換えという手段を使うと金利などが安くなったりと借り換えのメリットは大きい場合があります。個人再生をした場合の住宅ローンの借り換え個人再生を行うことでブラックリスト(信用情報機関)に記載されてしま...

個人再生と言っても手続きの方法には以下の2種類あります。給与所得者等再生手続き小規模個人再生手続きこの2つの違いというのは、給与所得者等再生手続の方・・・サラリーマンなどで働いている人が対象小規模個人再生手続きの方・・・個人事業などで働いている人が対象となっています。小規模個人再生の場合、裁判所からの許可を得るためには小規模が前提ですので細かい条件があります。条件というのは以下の議決数をクリアして...

個人再生を成立させるためには債権者(貸し主)に条件面などの交渉を行い、再生計画を見直す為の同意が必要になります。その為一方的に債務者(借り主・個人再生をする側)だけが有利になるような条件であると同意となることは難しくなります。また最低限個人再生を成立させるための条件というのもあります。小規模個人再生の不同意の場合個人事業主などの自営業をやっている方の個人再生不同意の場合というのは、将来安定して収入...

債務整理の方法には大きく5種類あるのですが、ご自身の仕事や財産の額、また債務の金額などによってベストな債務整理を選ぶことが多いと思います。中には問題無いと思った返済計画として任意整理で手続きをしたものの、現実問題として思った以上に返済額の負担が大きく生活に支障をきたすことも考えられます。ですが自己破産で持ち家などを手放すくらいなら任意整理から個人再生に変更して、返済額を減らすということも可能です。...

住宅ローンを申請すると信用情報を見られ審査されます。信用情報は銀行系・クレジット系などに分かれています。詳しくはこちらに書いてあります。信用情報機関について住宅ローンを申し込む場合、一般的には10年は期間を空けないと難しいと言われています。それは住宅ローンの審査では官報を見る為です。また個人再生で免責をした金融機関が銀行であれば、その銀行で新しくローンを組むのはほぼ無理だと考えて良いと思います。カ...

個人再生は再生計画を裁判所が決定することから始まります。もし認可が下りれば官報に掲載するための手続きが行われます。この期間が約2週間程度です。その後約1ヶ月くらいで個人再生が決定されます。官報に掲載された時から再生計画について、利害関係人が不服がある場合は即時抗告をされます。即時抗告(そくじこうこく)とは審判に対して不服を申し立てることもし利害関係人から即時抗告があれば、高等裁判所(高裁)で再生計...

個人再生申立てには家計を掲載した家計表を作成する必要があります。もし生活の為の家賃や光熱費などを同居人も払っている場合は、その割合などを記載することになります。割合的に同居人の収入による負担が大きい場合、同居人の給与明細など収入証明が必要となることがあります。個人再生が適用されるのは申立て本人に対してのものですので、本人と同居人の生活を支える金銭的負担をはっきりさせる必要があります。ですので許可が...

個人再生をすると裁判所から債権者に対して個人再生の通知が届きます。つまり会社から借金を受けていれば会社は債権者に当たります。なので嫌でも会社には知られてしまいます。中には会社にとって不利益をもたらしたとして会社から処分を与えられることも考えられます。対策として考えられるのはこのようなことです。社内融資の額を借り換えなどで完済してしまう任意整理で社内融資以外を対象とするという方法を考えてみるのもいい...

予納金とは個人再生以外にも裁判所を通す場合、裁判所に支払うものです。裁判所によって金額の違いがあります。参考に東京地方裁判所の場合、標準額というのは20万円程度です。その内訳というのは申立て手数料(収入印紙代) 1万円予納金(官報に乗せる手続き) 1万2千円予納金(個人再生委員報酬) 15万円以上予納郵券 5千円程度 この金額に関しては地方裁判所に確認してみるのが一番です。ポイントとしては弁護士ま...

もし連帯保証人である場合、債権者が個人再生を行うとします。そうなると想像通り連帯保証人が弁済しなければなりません。ただし連帯保証債権というものがあります。連帯保証債権とは、債務者が返済などで不履行をした場合、債権者として後の弁済した後に債務者に対して求償権(きゅうしょうけん)というのがあります。再生計画としては手続き開始の際の評価額に修正し権利が変更されるわけです。この連帯保証人による連帯保証債権...

個人再生の手続きを行った場合、直接同居の家族や両親などといった血縁者に直接連絡が行くことはありません。ただ秘密に出来るかというとばれてしまう可能性が高いでしょう。同居していない両親の実家などは保証人にでもなってもらっていない限りは知られることはありません。もし同居している人であれば知られる可能性は高いです。個人再生の手続の中には同居人の給与明細などの収入証明が必要となります。裁判所に提出する必要が...

返済額というのは1/5程度に減額されますが3年(または5年)での返済になります。ところが諸事情によって返済が出来なくなる可能性があります。個人再生は取り決められた返済を続けられなくなるとせっかくの債務整理が取り消しになってしまいます。つまり1/5に減額された額が再計算され整理前の債務額に近い金額を返済しなければなりません。となると状況から返済は無理となり自己破産せざるを得ない状況になるということで...

住宅ローンはある程度の元金を返済していて負担ではないんだけど、キャッシングだったり車のローンなどその他の返済もあるかもしれません。もし家族の病気で治療費がかかったり台風など自然災害によっての修理などで借金の返済が出来なくなる状況があります。自分以外の支払いが発生し、ローンが払えなくなる状況というのも少なくはありません。その場合は個人再生の中でもハードシップ免責という制度が利用できる可能性があります...

個人再生と民事再生を一緒くたに説明されていることもありますが、言葉が違うように厳密には内容が違います。個人再生は民事再生という大意の中の一つで個人民事再生と呼ばれることもあります。個人再生と民事再生の大きな違いとしては民事再生とは法人を対象個人再生とは個人事業主を含む個人を対象と分けられます。その為民事再生法の手続きには時間や費用などが大きく変わるケースが多いです。民事再生と個人再生の予納金の違い...

債務整理を使うことが出来るのは個人だけではありません。法人や個人事業主など会社を経営していても会社単位での債務整理が可能です。会社を自己破産してしまうと実質経営破綻となります。もし会社の社長や取締役など代表を勤めていたとした場合、会社が自己破産しても代表個人には関係ありません。逆に代表個人が債務整理をしたとしても会社が抱えている債務は消えません。つまり会社と代表個人の債務は別です。もし会社の経営で...

弁護士の人数は現在3万3千人を超えています。ここ数年のうちでも年々増えています。ですので債務者にとって弁護士選びというのは非常に悩むことです。本来法律事務の専門家ですから、法律に則って同じ結果にならべきだと考えますが、その手法や対処の仕方や考え方など各弁護士それぞれ違っています。テレビ番組の「行列のできる法律相談所」でもそれぞれの事例に基づいて回答する内容が違うことは多いのでご存知かと思います。そ...