自己破産 メリット デメリット

MENU

弁護士に相談するのが不安



匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

債務整理があなたに必要か?のアドバイスがもらえるシミュレータ
こういうフォームに入力するだけの簡単なシミュレータです
pc-form

債務整理の相談が無料で出来る法律事務所

債務整理をすると毎月の返済がいくらに減額されるのか具体的に計算してみませんか?

  • 借入状況の入力
  • 連絡用のメールアドレス
  • 電話番号
だけで返済方法などの簡単なアドバイスが入力したメールアドレスに送られてきます。
まずはお気軽に。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

街角法律相談所のシミュレーター(無料)

分かりやすい自己破産

自己破産とは借金の返済義務がなくなることです。
正確には破産手続開始の決定と呼びます。以前の旧破産法では破産宣告と呼んでいた制度です。

 

自己破産の相談をするのにオススメです

街角法律相談所は30年以上の実績と信頼がある弁護士もおり安心です。まずはメール相談がやりやすいと思います。弁護士会に所属している弁護士への相談でも無料です。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

街角法律相談所

 

自己破産の少し詳しい解説を

厳密に言いますと

自己破産の申告をしただけでは借金はなくなりません

裁判所の免責(*1)許可というものが必要となります。
その許可を受けることで初めて借金が帳消しになります。


破産法についてまとめてみるとこういう順番で進みます。
  1. 自己破産申立て
  2. 自己破産手続き
  3. 自己破産の確定
  4. 免責申立て
  5. 免責許可

一見苦しい借金から開放されるのでメリットが大きく見えるのですが、
代わりにデメリットも大きいのです。

自己破産のメリット

  • 抱えている借金のすべてがなくなる
  • 仕事を辞める必要がない(仕事先から借入していない場合)

自己破産のデメリット

  • ブラックリストに記載される
  • 官報に名前などの情報が掲載される(一般の方は閲覧しません)
  • 借入やクレジットカードが使えなくなる
  • 住宅・車・家財道具など一定以上の価値のあるものは差し押さえらる

*1 免責とは

借金などの返済義務から開放されることです。抱えている借金がゼロになります。
裁判所の許可が必要となりますが、免責できないもの:非免責債権(*2)もあります。
*2 非免責債権

  • 税金
  • 罰金
  • 損害賠償
  • 子供への養育費
  • 労働者への給料

などは免責の対象になりません。

誤解されがちな自己破産

  • 働いている職場などに自己破産が分かってしまうようなことはありません。自分から公開する必要もありません。
  • やりたい仕事に就くことが出来ないということも基本的にはありませんが、一部警備会社などは1年以内程度の就職が出来ない職もあります。
  • クレジットカードも限られますが作成出来るところもありますし、賃貸住宅にも住めます。
  • 戸籍に記載されることもありません。(一時的に市町村の証明書には載るようです)

自己破産はその知名度から誤った判断をしがちです。必ず今の債務状況などを専門家に相談することから始めてください。メリットとデメリットのバランスを知った上で行うことが重要です。

 


自己破産のメリット・デメリット記事一覧

自己破産をしてしまうと借金がなくなる代わりに財産がなくなってしまいます。その為家族にどれだけ迷惑をかけてしまうのかというのが非常に気になるところです。自己破産というのは、申し立てを行った本人に対しての手続きとなります。なので法的には家族も一緒にブラックリストに載るようなことはありません。つまり奥さんがいて働いていればカードも審査は通るということです。ですが家のものがなくなってしまう、車なども処分さ...

自己破産を成立させるには裁判所の免責許可を得る必要があります。免責とは借金の責任から免れるという意味です。自己破産の申し立てをしただけでは借金は消えません。裁判所に「返済能力が不可能である」と認められることが第一ですが、実はこれだけでも自己破産の意味がありません。更に「免責許可」という借金を帳消しにする許可を得られることでようやく帳消しになるのです。自己破産申立ての方法裁判所へ不備がない書類を提出...

自己破産の免責許可が確定することで破産者という扱いになります。デメリットとしてクレジットカードが作れない借り入れができない警備関連の仕事ができないなどといった制限がかかってしまうのです。しかし一生そのまま破産者としている必要はありません。クレジットカードも作れるようになります。つまりブラックリストから名前が消えることになります。ですが自動的にいろんな制限が無くなるのかというとそうではありません。破...

自己破産をすることで資産は処分されてしまいます。つまり車を所有していれば処分の対象となってしまいます。ですが以下の場合は車を手放す必要がないケースとなります。車の価値が20万円以下の場合名義が本人でない場合などの場合、車を処分する必要がありません。この処分というのは、査定を行い売却しその金額を債権者へ分配返済することです。車の査定は中古車買取業者などへ査定依頼をしてもらうことで証書を発行してもらう...

自己破産の認可を受けると住宅は処分されてしまいます。住宅ローンが残っていればローンを払う必要もなくなる代わりに住宅も処分されてしまうのです。どうしても住宅を手放したくないという場合は個人再生の選択をするという手もあります。自己破産により住宅を手放す場合は2つの方法があります。競売任意売却という方法です。競売とは裁判所に物件を抑えられますが売却までの期間が割りと長く1年程度はその住宅に住み続けられる...

自己破産を申し立てする場合、弁護士に依頼するとしていくらくらい掛かるのかをまとめました。まず2種類の費用がかかります。弁護士費用の参考例手続きの着手金 20万円以上免責許可が降りた場合の弁護士報酬 20万円以上または15%以上などトータルで40万程度以上かかると見込んでいたほうが良いと思います。またこれらの費用は無理しない範囲で月々の返済額を考慮して分割返済していくのが一般的です。支払いについては...

借り入れなどをする際には連帯保証人として知人にお願いをしたと思います。自己破産に限らず債務整理をすることで保証人が責任をもって返済を代わりに行うということになるのです。保証人への返済請求としては一括請求となります。借り入れをした本人は分割払いを行っていたと思いますが、基本的に保証人というのは分割払いではなく一括払いとして請求が来ます。ですのでその際は保証人に一括返済出来るお金を所持していなければ借...

テレビ番組 「世界一受けたい授業」の中で、定年退職後に退職金だけで生活が出来なくなり、借金が返せないために老後破産という形を取られる方も増えているという衝撃的な話でした。その中で北村弁護士が説明しておられた「老後破産をしなくても済む場合がある」という話が大変興味深かったという方も多いようです。話の内容をまとめてみました。老後破産しなくても良いケース年金収入やアルバイトをしているということで一定の収...

パチンコが止められず負債を抱えて更に借金を増やし、最終的に自己破産となる人が後を立ちません。ということはパチンコで借金を作っても自己破産出来るのか、ということが気になりますよね。パチンコで自己破産は可能ですただし勘違いしてはいけないのが、自己破産と借金の免責というのは別です。自己破産申告したからといって破産宣告すれば借金が帳消しになると思ったらそれは違います。裁判所の判断としては、パチンコなどギャ...

自己破産をして免責許可を受けると信用情報(ブラックリスト)や官報に載ってしまうため、ローン審査は通らなくなります。つまりクレジットカードをすぐには作れなくなるというわけです。しかし信用情報などに掲載されるのは5〜7年程度と言われています。この期間が経過すれば審査にも通る可能性はあります。もし自己破産後7年程度を経過していてカードを作りたいと思った場合は、官報に名前が載っているかを確認してみるのも一...

自己破産をしても裁判所からの免責許可というのを得なければ借金はなくなりません。もっと具体的に言いますと、免責許可をしたからといって借金自体はなくならないのです。自然債務(*1)と言って残るものになります。*1 自然債務とは債権者が裁判所に訴えられない債務のことですが免責許可を受けている以上、返済する責任はないのです。つまり考えられるのは、知り合いや知人などであれば、「貸したお金は返ってこないもの」...

自己破産をしてしまうと持ち家を処分されてしまいます。すべての借金を免責されるという大きなメリットの代わりにデメリットも大きいのは当然です。現在の債務状況から自己破産しかないと自分で思った時こそ、デメリットに目を向け後悔のない方法であるのか、また今後の生活と現在の状況を踏まえ妥当な判断なのかをよく考える必要があります。家に関しては大きな財産ですのでこればかりは手放したくないという思いの方も多いと思い...

自己破産をした本人は5〜10年程度の官報やブラックリストへの記載によってクレジットカードの審査には通りません。しかし家族カードとして家族の誰かが所持しているクレジットカードに追加してもらうことについては基本問題ないケースが多いです。というのも信用情報はカード申し込み本人のものを審査します。家族カードとしては家族であるという証明が出来るだけで基本的に家族カードの審査は通ります。ただしカード会社によっ...

大学などでの奨学金を払い続けていますと、仕事を辞めたり会社の業績が悪く給料が少なく奨学金がつらくなるケースが増えています。大卒だからといって奨学金の返済が楽な収入の仕事ばかりではないので、当然考えられるケースだと思います。実際に奨学金の返還訴訟というのが8年の間に100倍の6000件を超えるほど負担になっている人が多いということです。奨学金返済を滞納してしまうと厳しい罰則があります。3ヶ月の滞納で...

自己破産の申立て・手続き・免責許可など裁判所にて行う手続きは色々とありますが、裁判所も家庭裁判所・簡易裁判所などいろいろあります。手続きに関しては原則自己破産を行う本人の住所を管轄する地方裁判所で行います。支部などがあればそちらでも可能です。もし住民票の住所が別のところになっていれば、現住所の地裁で手続きが可能です。また自己破産の手続きというのは思っている以上に難しくありません。もし弁護士が代理人...

自己破産をすると財産の中から処分されますが、生命保険も対象になるケースがあります。生命保険は積立型の場合、解約すると返戻金が戻ってきます。この返戻金の金額によって解約が必要になる場合があります。解約返戻金は保険契約者の財産となるということです。これも裁判所によって基準が変わりますが、一般的には解約返戻金が20万円を超える場合には解約する必要があります。ただし保険の場合、本人名義で本人にかけるケース...

自己破産をしてしまうと一般的には官報や信用情報に記載されている機関の5〜10年程度は借り入れはできないと言われています。ですが3年でも借り入れ審査に通りお金を借りれたという話も実際にあります。闇金(ヤミ金)はもちろん絶対に利用を避けるべき場所なので除きます。どういう金融機関かというと消費者金融の中でも割と小さめの金融機関です。消費者金融と闇金ば全然別物ですので、混同してはいけません。消費者金融は法...

破産宣告とは自己破産のことです。中にはドラマなどのイメージで浮浪者のように公園で生活をするような嫌なイメージを持つ方もおられるかもしれませんが、事実そんなこともなく至って自己破産前と同様に普通の生活が多い様に思います。問題となるのがネットショッピングなどのクレジット払いなどが出来ないために気軽に買い物ができないとか警備員の仕事があってもその仕事に就けないといったことくらいしか影響しません。破産宣告...

2014年にNHKで放送されましたドキュメント番組「老後破産の現実」が話題になりました。年金の少なさで生活が困窮する老後生活の方にフォーカスしたという番組でしたが、観るのもつらいという感想がとても多い番組です。他にも老後破産をする方の生活の取材をしている番組はいくつもあります。老後破産の現実についてのエピソード65歳以上で16人に1人が老後破産をしている夫婦2人で13万の年金で生活していたが、奥さ...

自己破産の申し立てを行い、最終的な免責許可が出るまでの期間についてですが、これは債務者の債務状況によって大きく変わります。ざっくり言うと早くて3ヶ月くらい、長くて1年位と見ておけば良いかもしれません。自己破産の時間がかかる理由として裁判所を通す必要がある手続きである免責のための審問がある処分する財産がある複数の債権者に配分などをする上記のことが必要となるためです。ですので債権者の数が少ないとか処分...

パチンコ・パチスロ・競馬・競艇など中毒性の強いギャンブルにはまってしまったばかりに借金が膨らむ方は非常に多いです。ギャンブルでの借金はすべて自己責任による借金ですので裁判所からの免責許可は出ないのが一般的な認知であると思います。ちなみに免責許可がでない理由のことを免責不許可事由といいます。なのですがでは借金が返せないのにどうやって生活すればいいのか、首を吊れとでもいうのかということになります。そこ...

自己破産をすると海外旅行に行くことが出来ないという話もちらほらとあるようですが、行くことはできるが条件があるということになります。まず自己破産をして免責許可が出るまでは制限されています。免責許可が出るまでの期間というのは、破産管財人という人が選人されるような財産の多い自己破産の場合であり、特に財産のない同時廃止の場合はすぐに免責許可が下りるケースが多いです。とはいっても裁判所に許可を得ることで免責...

自己破産をすると20万円以上の財産はすべて債権者に配当されます。配当というのは財産を現金に変えられます。財産を売って現金化することを換価といいます。自己破産は裁判所では事件として処理されます。裁判所では処理する仕事についてすべて事件と言うため大きく分けると3つの事件に分けられます。同時廃止事件(同時廃止型)管財事件(管財型)少額管財事件(制度)これらの事件は裁判所によって破産管財人を選人されます。...

自己破産をすることで99万円以下の現金及び総額20万以上の財産を処分されてしまいますが、その処分の対象とならないものがあります。これを自由財産といいます。自由財産とは生活に必要となる家具や器具、衣類や寝具など仕事に必要となる道具や設備など現金100万未満が対象となります。ただし生計を立てるために必要となるものであれば、20万円を超えても自由財産として上限を拡張されます。また注意点として知っておく必...

女性で自己破産をするという人も少なくありません。男性ほどギャンブルや住宅ローンなどはケースとして少ないのですが、豪遊グセがある女性は少なくないからです。未婚の方で、結婚の際に結婚相手にばれないかというのを気にされる女性も実際に多いようです。自己破産により官報には掲載されますが、戸籍などには自己破産の履歴など記載されませんので心配はありません。結婚後に女性名義でローンを組むようなことがあれば知られて...

自己破産をすることは怖いことだと感じてしまうのは当然のことかもしれません。テレビドラマでも自己破産によって生活に不自由していることを描写していることも少なくないからです。ですが現実をよくみてみると自己破産前の借金に追われて取り立てに悩む方がよほど精神的にはつらいのが分かると思います。借金を返すためには働くことが必要なのですが、うつになり仕事もできないという人も少なくないのです。自己破産をすることで...

自己破産で免責許可を受けると自動車はもちろん財産を没収されます。ただ車を使わないと仕事ができないというケースも多いと思います。もし車のローンもなく換価してもお金にならない場合は、所持していても財産没収の対象にならないケースもありますし、例えば査定額が10万円なら財産総額99万円に含めておく等の方法も取れると思います。自動車ローンも残っていて没収される対象とならざるを得ない場合所持する財産内で購入す...

一緒に住んでいる身内であったり二世帯住宅であったりすると一番心配になるのが、同居人への影響だと思います。テレビなどをリビングで共有している場合に、自分の自己破産で没収されてしまうのか、といったところについてですが、自己破産本人が名義人のものであれば没収されてしまう可能性があります。持ち家などが名義人であれば没収されるのですが、連盟での名義などであれば少し複雑になる場合もあります。特にテレビなどは名...

田舎に住んでいたりすると近所に弁護士が見つからないと思うかもしれませんが、債務整理にはあまり気にする必要はありません。債務整理の相談は電話やメールなどで遣り取りをすることが出来ます。実際に自己破産手続きを始めるとなった場合も郵送だったりFAXなどでも遣り取りをすることが可能ですので、ホームページ等にも【全国対応】と記載してあるところもあります。裁判所なども代理で手続きをしに行って頂けますし、依頼す...

事業資金として借り入れをしたにも関わらず返済できなくなった場合の債務整理ですが、債務の額によって民事再生や自己破産などを選択することになります。民事再生にしても返済が難しいと判断すれば自己破産となってしまいますが、それでも債務整理には大きなメリットがあります。事業を行っている時の破産となれば管財人の調査が入ります。管財事件としての扱いになります。同時廃止には出来ません。管財事件になるとこういうデメ...

自己破産の申立ては本人がやっても費用が高くメリットは感じられません。よって弁護士に依頼するケースが多数となります。司法書士も自己破産を行うための書類作成や制限内での手続きを依頼できます。弁護士となると制限もなく破産申立て本人の代理として最後まで動いてもらうことが出来ます。弁護士といってもかかる費用としては司法書士と変わらないところも増えてきています。では弁護士に依頼する際にどこで弁護士を探せばいい...

自己破産手続きについては住んでいる県などによって変わってきますが、分かりやすく一例として東京都の場合で具体的に説明します。東京都の自己破産を申し立てする場所東京地方裁判所 本庁(霞ヶ関) 民事第20部(破産再生部)東京地方裁判所 立川支部 民事第4部(破産係)以上のどちらかで行いますが、お住まいの場所によって変わります。本庁で自己破産申立てを行った場合弁護士と裁判官で即日面接を行います。即日と言っ...

自己破産をするとどうしても財産を処分されてしまうことになります。99万円までの現金は手元に残せますが、それ以外は売却されたりして換価(現金に換えられる)債権者に少しでも戻すことになります。それはどうしてもしかたのないことではありますが、一般的に価値の無いものであれば手元に残すことが出来ます。車がないと仕事にも行けない田舎の方に住んでいる方はちょっとした死活問題にもつながりますよね。手元に残しておけ...