債務整理 メリット デメリット

債務整理のメリット・デメリットをわかりやすく徹底解説!

MENU

債務整理とは

返済できない、どうにもならない借金など金銭的に返済が難しいことを解消する手続きです。
借金地獄と言われる苦痛で自殺する日本人も非常に多く、日本は先進国の中ではトップクラスの自殺者の多さです。
借金の問題に苦しむ人の数は200万人以上もいると言われているほど、お金の悩みというのは国の課題でもあります。
ですがそこに債務整理という心強い法律があることを知るだけで多くの人が助かるのです。

 

債務整理のメリットとは

 

債務整理を行うことにより借金の利息の無効や返済額の縮小や返済期間の延長または借金をすべてなくしてしまうといったことが出来ます。その代わりリスクがある場合もあります。借金を抱えているために起こっている返済に関する悩みを軽くしたりゼロにしたりすることが出来るのが最大のメリットであり唯一の借金の悩みを解消する方法です。

 

 

借金返済に困った際、その返済すべき額(残債)の大きさや返済期間や返済先(住宅ローンやカードローンなど)により一番効果的な返済方法の見直しを決める必要があります。最終的には法的な手続きが必要となるケースがありますが、まずは現在自分が置かれている所と借金を完済するまでの方法を絞り込むことで具体的な解決策が見えてきます。

 

債務整理には大きく分けて3つの方法があります

 

任意整理

 

民事再生

 

自己破産

 

 

更にケースは減りますが下記の2つも債務整理に含まれます。

 

特定調停

 

過払い金請求(返金)

 

上記のいずれかの方法によって借金の苦しさから開放されます。
ではどの方法が今の状況に一番合っているか分かりますか?
分からない場合、債務整理に詳しい専門の弁護士に相談することです。

 

相談は無料でできますし、ネットで申し込むことが可能です。